【お茶会での出来事】自分の中の自分・内なる声を聞く。自分を大切にすることの重要性

この記事は約6分で読めます。

先日、スピリチュアルお茶会に来てくださったお客様から、私も見に覚えのある不思議なお話を聞きました。

それは、注意を促す声が、自分の中から聞こえてきたということです。

その声の主はいったい誰なのでしょうか?

その声を無視するとどうなってしまうのでしょうか?

耳をすませば、目に見える者の声よりも、目に見えない者の声の方が多いと気付かされたお話しです。

内なる声

今回お茶会に参加してくださったお客様は、過去に色んなことがあった方なのですが、その時に「それを選択するのはやめておきなさい」という声が聞こえてきたという話しをされました。

そして、「その声を無視して行動をしてしまった際に、必ず良くない結果になってしまう」ということでした。

その声というのは、耳で聞こえるのではなく、自分の中から湧き上がってくるような聞こえ方だったらしく、「あれ?この声、自分が思ったのかな?」と思うくらいだったそうです。

 

声の聞こえ方

私も、スピの感覚に目覚めた時に、内なる声が初めて聞こえました。

あるパワースポットで、自分の中の自分に色んな質問をしていたところ、自分の中から湧き出てくるように言葉が出てきました。

その時も、今回のお客様のように、

「あれ?自分自身が思ったことなのかな?でも、自分の考えとは違う答えだぞ?」

という感覚でした。

 

お客様は、聞こえてきた内なる声には従いませんでしたが、私の場合は、内なるその声に従いました。

そうすると、あれよあれよと稼げるようになり、ミュージシャン時代に作った400万円の借金を完済することができました。

お金のエネルギーと豊かさのエネルギー/金運だけアップしても貧しいままであること
天界には豊かさのエネルギーがあります。ですが、豊かさのエネルギーとお金のエネルギーは違います。質がまったく違うのです。金運アップをするために何十万円もお金をかけていた時期もありますが、豊かさのエネルギーで満たされることはありませ...

 

聞こえてくる声って自分の中の自分なの?それとも?!

内側から湧き上がるように出てくる声や言葉という感覚には、色んなパターンがあります。

  • 潜在意識全体
  • 潜在意識の中にしこりとして形成されたいくつかの人格(過去の自分)
  • 未来の自分
  • ハイヤーセルフ
  • 自分ではない何者か(守護系、サポーターなど)
  • 自分ではない何者か(生霊、低級霊、動物霊など)
  • 表層意識の思い込み
  • 空耳、幻聴

などなど、色んなパターンがあります。

実際にスピの感覚の時もあれば、ちょっと病気がかった幻聴のパターンもあり、さまざまです。

 

その声の主が誰なのかを調べる方法

  • その声が何者なのか?
  • 自分の思い込みなのか?
  • 潜在意識の声なのか?
  • 未来の自分が教えてくれているのか?

それを調べることができます。

 

その調べるツールの一つが、ペンジュラムです。

ペンデュラム(ペンジュラム)の使い方セミナー/簡単な占いができるようになります
ペンデュラム(ペンジュラムとも呼びます)は、筋肉反射を利用したすごく便利なツールです。 ペンデュラムの使い方さえマスターすれば、タロットや占星術や四柱推命など、どの占いよりも簡単に占いができるようになります。 ただ、ペン...

昔、私が声が聞こえてきた時は、自分の中の思い込みだと思っていました。

ですが、その時の声のことを、ペンジュラムで調べられることができるようになって、あの時の声の主がわかりました。

(誰だったのかは、お会いした方だけにお教えします^^)

 

感覚だけでやっている人と、ペンジュラムを使う人

私の周りにも、感覚だけでやっている方が意外とたくさんおられます。

ですが、意外と自分の感覚って、あてにならないというか、思い込みが入ってしまうことが多々あるんです。

 

私も、感覚でふと思ったことを、ペンジュラムで聞いた時、

名前
自分

今おりてきたイメージは本当のことですか?

名前
自分の中

いいえ

名前
自分

これは私の思い込みですか?

名前
自分の中

はい

と出る時がよくあります。

 

あとは、自分の中が思っていることが、表層意識のことだったりします。

名前
自分

私はこのビジネスをやった方が良い方向に行きますか?

名前
自分の中

はい

名前
自分

それは潜在意識が思っていますか?自分

名前
自分の中

いいえ

名前
自分

表層意識ですか?

名前
自分の中

はい

こういうことも良くあることなんです。

 

なので、とても注意深く自分の中を見つめていないと、感覚だけでやってしまうのは、ちょっと危険なんですね。

私の知人で賢い人は、「私は感覚でこう感じるんですけど、ペンジュラムではどう出ますか?」と聞いて来られます。

私も良くやることなのですが、自分が出た答え合わせをするのです。

自分の他に、もう1~2人に聞いてみて、確かめてみると精度が上がりますよね^^

当サイトのスクールでは、ウェルシークラスで同じように答え合わせをする環境を作っています。

ウェルシークラス/リーディング&エネルギーを動かす定期訓練会
このウェルシークラスでは、当サイトで行っている、リーディングをするためのペンジュラムセミナーや、エネルギーを動かすエネルギーワークセミナーで習ったことを色んなパターンで繰り返し訓練して行くことで、上級レベルやプロレベルまで近づけられ...

 

声の主が自分だったら

だいぶ話しが脱線しましたが、お茶会に参加されたお客様が内側から聞こえてくる声を無視した結果、とんでもないことになったということが起きたということですが、その忠告は、もしかしたら自分自身だったのかもしれませんね。

現時点に対して教えてくれる自分自身というのは、いくつかあります。

  • 潜在意識なのか?
  • 過去の自分なのか?
  • 未来の自分なのか?
  • ハイヤーセルフなのか?

その中のどの自分なのか、ペンジュラムで調べてみると面白そうです^^

そのお客様は、ペンジュラムが振れるので、どの自分だったのか、今度聞いてみたいと思います☆

 

中の自分を無視しないで、一番に大切に思いましょう

ほとんどの人は、中の自分の声を聞こうとしない傾向にあります。

つまり表層意識をメインとして、生きているということです。

本当の自分の声を聞くなどは二の次。

 

でも実は、表層意識がどんなに意気込んでいても、潜在意識の大きな意志には敵わないのです。

潜在意識が「失敗したい」と思っていると、表層意識が「絶対にうまく行かせてやる!」と思っていても、必ず失敗します。

これが普通なのです。

この普通をわかっているかどうかで、人生は大きく変わってきます。

 

まずは、中の自分のことを一番に大切にすること。

中の自分を大切にできなくて、自分以外の人を大切にすることなんてできません。

本当の自分に嘘をつき無理をさせればさせるほど、自分の余裕が無くなっていき、満たされない感情がうず巻きます。

 

自分の中を、自分の表に合わせさせるのではなく、自分の表が中の思いに沿って歩んで行く。

全ては、中と話し合って方向を決めて行く。

こうやって自分自身を大切にして行けば、中がどんどん綺麗になってきます。

中がどんどん綺麗になると、中の自分が表の自分に対して協力してくれるようになりますよ^^

コメント