【セミナーでの出来事】表層意識が強いとペンジュラムがうまく振れない…潜在意識と仲良くなる方法

この記事は約5分で読めます。

表層意識が強いと、うまくペンジュラムが振れないことがあります。

先日のペンジュラムセミナーを受けてくださったお客様も、表層意識が強くペンジュラムがうまく振れませんでした。

表層意識が強い人というのは、どのようなタイプの人でしょうか?

潜在意識と仲良くなる方法のヒントも書いてみたので、下を参考にしてみてください。

ペンジュラムをうまく振ることができない…

前回のペンジュラムセミナーのことです。

【お客様からの感想】本当に初心者?エネルギー(波動)を鑑定する方法を学んだ結果すごいことに!
当スピリチュアルスクールでペンデュラムを学ぶと、自分の中に高い物差しが構築され、高いレベルでエネルギーの良し悪しを測定できるようになります。エネルギーを測定できるようになると、波動鑑定ができるようになります。先日来られたお客様は、とても...

 

このペンジュラムセミナーは、2名の方が受けに来られ、お一人の方はすごく順調にペンジュラムを振ることができていたのですが、もうお一人の方がペンジュラムが触れるようになるまでかなり苦戦されておられました。

ですが、私のセミナーはけっこうスパルタです(笑)

触れるようになるまで、根気強くやっていきます♪

「こういう感覚、ああいう感覚」と、色んな方法をレクチャーし、潜在意識と仲良くなるワークも急遽おこない、最終的には、ペンジュラムが振れる感覚を掴んでもらいました☆

 

ペンジュラムが動かない人の特徴

ペンジュラムは、筋肉反射テストの中のダウジングというジャンルの一つです。

筋肉反射テストでは、見えないエネルギーレベルのことを潜在意識が教えてくれます。

目に見えない存在やスピリチュアルなエネルギーをリーディングで読み取る感覚
スピリチュアルに興味がある方は、見えないものを読み取るということに興味を占めします。見えない存在やエネルギーを測るリーディングは、やり方や、読み方さえ気をつければ、それほど難しくありません。ですが、傲慢な方法で間違ったリーディングの...

 

そのため、潜在意識の言いたいことが答えとしてしっかり出るように、うまく調整をかけていかなければいけません。

潜在意識の答えが、うまく筋肉反射テストに出ないパターンは、下にも書いているとおり、グラウンディングが出来ていない場合などが上げられます↓

一人オーリングテストのやり方と注意点/答えの信憑性と嘘の答えを出す実験
筋肉反射テストの中でよく聞くのがオーリングテスト(Oリングテスト)。 ネット上では、「オーリングテストに信憑性は無い」や「嘘の答えが出る」など、色んな噂がありますが、実際に、デタラメな答えが出ることなど多々あることなのです。 ...

 

ですが、グラウンディングがしっかり出来ていても、極稀に、潜在意識と仲良くなれておらず、うまく答えが出ない人がおられます。

その時にやるのが、潜在意識と仲良くなるワークです^^

※どのようなワークが必要なのか?はペンジュラムセミナーの時にレクチャーしています。

 

潜在意識と仲良くなって信用を回復する

通常、人は、表層意識で行動します。

情報をたくさんたくさん入れて、「こうでなければいけない」という思い込みに縛られ、生きています。

ですが、その状態は、潜在意識の声を無視し続けている状態が続いている場合もあるのです。

 

なので、まずは自分の潜在意識に対して、

「今まで無視し続けてごめんね。

君がずっと声を発し続けていたことをやっと気づいたよ。

これからは、君の声をしっかりと聞きながら行動するから、これからも仲良くしてね。」

という気持ちを持つことが大切です。

 

そうすることで、今まで潜在意識を無視し続けて生きてきた表層意識の信用を、少しずつ回復して行けます。

 

潜在意識が強すぎるとこうなる…

潜在意識の声を無視し続けた結果、潜在意識は表層意識のことを嫌いになります。

怒りに満ちている潜在意識/インナーチャイルドとブロックを作り続けないために
ペンジュラムやオーリングテストは、エネルギーを計測するためだけのものではなく、自分の潜在意識の声を聞くための、とても良い手段です。あなたは、潜在意識の気持ちを理解していますか?あなたの潜在意識は、表層意識に対して怒りを持っていま...

 

私のスピの友達の中にも、表層意識があまりにも潜在意識を無視し続けて来たことで、潜在意識が「わたしはもう表層意識と話しをしたくない!」というところまで来ており、ペンジュラムがピクリとも動かない方もおられます。

 

今回のペンジュラムセミナーを受けられたお客様は、無視し続けようとはされていませんでしたが、かなり表層意識が強い方ではありました。

そのため、潜在意識が答えを出そう出そうとするのですが、表層意識が潜在意識を抑えつけている状態になってしまうため、ペンジュラムが振れづらい状態が起こっていました。

 

表層意識が強い人のパターン

表層意識が強い人には、ある一定のパターンがあります。

それは

  • 情報武装をしすぎている
  • 妄想が激しい
  • 「こうでなければダメだ」という思いが強い
  • 今までの人生でついた癖が強い
  • 自分の感覚を信じすぎていて逆に盲目になっている(第三者の目から確認してもらおうとしない)

といったパターンの人です。

 

今回のお客様は、「情報武装をしすぎている」という感じでした。

そのため、ペンジュラムを振る際に、

「私は今ままでかなり健康に気を使って生きてきたから、健康面のエネルギー状態が低いはずないよね」

と表層意識が自然と思ってしまい、その思いが潜在意識の出す答えを抑えつけようとしている状態でした。

 

潜在意識を表に出すためには

潜在意識を表に出すためには、表層意識が弱くなる必要があります。

「弱くなる」と文字で書くと、自分を押し殺さなければならないような感じに聞こえますが、そうではありません。

 

表層意識が親、潜在意識が子供と例えるとわかりやすいと思います。

親は子供の責任を取りますよね。

そういう感覚で、

  • 潜在意識がどういう答えを出そうとも、その責任は表層意識が取る。
  • 潜在意識の答えが間違っていたとしても、表層意識がケツを拭く。

と思って行動すると、より潜在意識が表に出やすくなります。

 

誰でも潜在意識と仲良くなることができる

今回のお客様もそうですが、潜在意識と会話をするだけで、潜在意識は喜んでくれます。

潜在意識と仲良くなるワークをしている時、お客様は涙を流されていました。

この涙は、表層意識の涙ではなく、「やっとこちらを向いて私の声を聞いてくれた…」という潜在意識の涙なんですね。

 

潜在意識とは誰でも仲良くなれます。

最初は表層意識が強く、思考の癖もあるため、仲良くなるまですごく時間はかかるかもしれませんが、諦めずに「自分が変わろう!」という努力をすれば、きっと大丈夫です^^

ペンデュラム(ペンジュラム)の使い方セミナー/簡単な占いができるようになります
ペンデュラム(ペンジュラムとも呼びます)は、筋肉反射を利用したすごく便利なツールです。 ペンデュラムの使い方さえマスターすれば、タロットや占星術や四柱推命など、どの占いよりも簡単に占いができるようになります。 ただ、ペン...

コメント