ネパールに行きたい、ガネーシュヒマールに行きたい。言葉の壁をどうやって壊して行くか。

この記事は約1分で読めます。

ネパールに行きたい、ガネーシュヒマールの麓の村に行ってみたい。

そう思い立ったので、来年の3月に一週間ほどネパールに行こうと思います。

もちろん一人で。

 

ネパール語は、もちろん喋れません。

ネパールに知り合いも、もちろんいません。

未知の領域に足を踏み入れる時のドキドキ。

まさに冒険の感覚です。

冒険心を課題に出す理由「宝探しは物質的財宝を探すのではなく、心の中に見つける」
大阪の上位クラスのメンバー、こころさんに、冒険心を養う課題を出しています。 こころさんのサイトはこちら↓ ※こころさんの冒険に感化されて、今、大阪では冒険ブームが来ていますが… なぜ冒険心を養うする課題を出...

 

言葉の壁が一番気になるところではあるのですが、この日本でも方言によって、まったく伝わらない言葉もあります。

ですが、わからないことが「わかるようになりたい」という情熱と、「積極的に話しかけてみる」という行動さえできれば、いつか方言を喋れるようになります。

そんな感覚で言葉の壁は壊せるような気がするんですよね。

コメント