エネルギー当てクイズ105の正解【天界が必要としている男性のエネルギー】

この記事は約5分で読めます。

女性には女性の持ち味、男性には男性の持ち味があります。

それは、エネルギーの資質に違いがあり、男性にしかできないこともあるのです。

今回は、天界の柱を立てるために、天界が必要としている男性のエネルギーを流してみました。

天界が必要としている男性のエネルギーとはいったい、どういうものなのでしょうか?

天界が必要としている男性のエネルギー

5月5日に、第105回目となるエネルギー当てクイズをおこないました。

【エネルギー当てクイズ105】コメントに書き込むかメールをください^^
さて、今日はエネルギー当てクイズの第105回目です☆

 

回答者は、12名。

  1. 天界が必要としている男性のエネルギー:7名。
  2. 天界が必要としている女性のエネルギー:2名。
  3. 天界が必要としている自然のエネルギー:2名。
  4. 天界が必要としている社会のエネルギー:1名。

正解者は、7名でした!

 

今回も、正解者が多数!

最近、正解者が多いのが傾向としてありますね☆

なんでわかるのでしょうか??不思議です…

 

正解された方はおめでとうございます!

不正解の方も、またぜひ挑戦してみてくださいね♪

 

エネルギーが決まった経緯

今回も、天界の誰かがエネルギーを流してくれるか、それとも、メタさんがアレンジして流す追い風のエネルギーか、の2択で聞いてみました。

すると、「どちらでも無い」ということ。

ということで、今回流すエネルギーをリーディングしてみました。

すると、男性ウェルシークラスの風景がイメージで見えてきました。

男性ウェルシークラス
2ヶ月前から、とある理由で男性だけのウェルシークラスを始めました。 当スクールは9割以上が女性のため、男性の方はほどんどおられません。 現在2名で男性クラスをやっています。 以前から女性の中にポツンと男性が...

 

男性の心の中の光を育てる

男性ウェルシークラスを初めたのは、女性のエネルギーと、男性のエネルギーが違い、心や意識、エネルギーを向かわせる方向が、女性と混ぜ合わせると、上手く進まないという感じがしたからです。

女性には女性の役割があり、男性には男性の役割があります。(子供を産める産めないだけの話ではありません)

なので、男性として心の光の部分を大きく発動させ、現実化をして行けるようにするために、男性ウェルシークラスを立ち上げました。

 

福岡サロンSoluna lightにも男性のエネルギーが必要でした

福岡サロンに、昇(sho)さんという男性のメンバーが加入しました。

なぜ加入したのか?それは、福岡に天界の柱を立てるためには、どうしても男性のエネルギー、行動力、支えが必要だからです。

きっかけは、月のルナさん「もし良ければ、ぜひ福岡を支えてくれませんか」と昇さんにお願いしたことがきっかけでした。

それを聞いた時に、「確かに!この状況を打破するためには、男性のエネルギーが必要な感じがする!」と感じ、メタさんも「もしよろしければ、ぜひメンバーになってください!」とお願いしていました。

 

そして、5月から福岡サロンのメンバーとして活動されます。

※昇さんは、最近「吃り(吃音)を克服すること」に関してのYou Tubeチャンネルを開始されました。

 

天界の柱を立てるために必要な男性のエネルギー、それは…

さて、この日本に、天界の柱を立てるために必要な男性のエネルギーとはどんなエネルギーか?ということリーディングしてみました。

まず思い浮かんだのは「太陽のようなに何かを支えるエネルギー」です。

 

実際に、太陽のエネルギーは、さまざまなものを支えています。

植物が光合成をするためにも、太陽が必要です。

動物や人間が、活発に活動する時間帯も、太陽が登っている時間帯です。

夜空に星が瞬くのも、月が明るく照らされるのも、太陽の光が支えとなっています。

 

実は、先日書いたように、メタさんも「この日本に天界の柱を立てるため、天界の連携が取れるようになるための土台となって死んでいければいい」と書きました↓

エネルギー当てクイズ103の正解【光の連携が取れている時の波動】
いずれ新しい生命に魂として宿る大天使ミカエル。 メタさんは今現在、天界の連携を取るグループを作っていますが、いずれ魂として降りてくる大天使ミカエルがグループの中心に据える心となる、その土台を作っている状態です。 メタさん...

この何かの土台となるエネルギーも、ある意味、支えのエネルギーです。

 

物事を貫く特性を活かす

男性が太陽、女性は月。

つまり凸と凹があるとすれば、男性は凸、女性は凹のようなニュアンスです。

つまり、男性は貫くようなエネルギーの使い方をするんですね。

だからこそ、女性ほど物事に敏感ではなく、鈍感であることが、貫くようなエネルギーを使うためには必要なのかもしれません。

 

そして「貫く」ためには、腹の中に一本の槍(信念)を持っておく必要があります。

「信念を貫けるのであれば死んでもいい。それ以外は、どうだっていい。」

そのくらいの凸のエネルギー(波動)、パワー(力強さ)があることが必要なのかもしれません。

 

天界が男性に求める3つのエネルギー

このページにも【天界が必要としている男性のエネルギー】が流れています。

ペンジュラムができる方は、エネルギー当てクイズ105のページに流れているエネルギーと、このページに流れているエネルギーが同じだということを確認してみてください。

 

さて、天界が必要としている男性のエネルギーとしては、

  1. この日本に、天界の柱を立てようとする人たちを照らす(支える)太陽のようなエネルギー
  2. それを自分の腹に据えられる「信念」(エネルギーの方向性の決定と一点集中)
  3. その一本の信念を、言動・生き様として貫き通すための「強き心」(エネルギーを爆発させる燃料)

こんな感じのエネルギーが必要だとメタさんは感じます。

まだ男性ウェルシークラスには2名しかおられませんが、その2名の方が今後どれだけ天界の柱を立てる支えとなれるか楽しみにしています☆

コメント