エネルギー当てクイズ99の正解【魅力の種を開花させるために】

この記事は約6分で読めます。

心の中には、その人の魅力の種があります。

それは、光の種の一種でもあります。

その魅力の種がすくすく育ち、花が咲くと、地球に生きることが楽しくてたまらなくなります。

そんな、魅力の種を育てるためのヒントが書かれてありますので、ご覧ください。

魅力の種を開花させるために

3月3日、第99回目となるエネルギー当てクイズをおこないました↓

【エネルギー当てクイズ99】コメントに書き込むかメールをください^^
さて、今日はエネルギー当てクイズの第99回目です☆

 

回答者は、15名。

  1. あえて何もエネルギーを流していない:0名。
  2. 地球が元気になるエネルギー:3名。
  3. 人から感謝されるエネルギー:1名。
  4. 人への感謝のエネルギー:11名。

正解者は、0名でした!

 

初の正解者0人!!

以前にも、あえてエネルギーを流していない回答がありました。

エネルギー当てクイズ93の正解【あえて何もエネルギーを流していない】
今回は、2020年一発目のエネルギー当てクイズの正解発表でした! 多分、2020年をスタートするにあたって、年始一発目に必要なことが、今回の正解発表に関係することはないかな?と感じています。 リーディングで出てきたキーワ...

実は今回も、「自分の中で感じて欲しい」タイプのエネルギーでしたので、あえてエネルギーは流していません^^

ですが、書きを読んでみたらわかると思うのですが、自分の中でそのエネルギーを感じるためには「人から感謝のエネルギーをもらうことをして行くこと」ということがあるので、3番が一番近いかもしれませんね^^

エネルギーが決まった経緯

今回流すエネルギーは、天界の誰でもなく、メタさんがアレンジしたエネルギーでもないようです。

そこで、どんなエネルギーを流すのか、調べてみました。

 

すると、メラメラ燃える太陽が見えました。

ただ、太陽の後ろが黒い背景です。

 

その時、「太陽が登る時、日は沈む。」というキーワードが浮かんできました。

 

人と接したり働いたりするのが嫌?!

どういう意味だろう?と思い、少し深くリーディングして行くと、「日」という文字は「人の心」を表しているようです。

つまり、「太陽が登る時、つまり朝が来ると、人の心は沈んでしまう。」という意味のようです。

なぜ朝、日が登ると人の心は沈んでしまうのでしょうか。

それは、日が登っている時間にやることが、嫌だからです。

 

日が登っている時

  • ほとんどの人は、働きます。
  • ほとんどの人は、人とコミュニケーションを取ります。
  • 行動を起して、現実を変えようと必死になります。

これらの行動を起こすことに関して、心が沈み憂鬱になる人がいるということです。

 

芽が出て、葉が育ち、花が咲く

ここまでリーディングした時、また違うイメージが見えました。

小さい葉っぱが見えました。

その葉っぱは、その人の心の中にある種から発芽して育った葉っぱのようです。

その葉っぱにお水を上げている人が見えます。

お水を上げている人は、自分自身。

そして、そのお水は、その葉っぱに必要な栄養素

その人は、毎日毎日その葉っぱにお水(栄養素)を上げて、大事に育てて行きます。

その必要な栄養素を継続的に与えて上げると、その葉っぱがすくすくと育って生き、お花が咲きます。

そのお花がニコッと笑いました。

そのお花は、その人の「魅力」となるようです。

 

ここで、ふと今回のエネルギー当てクイズのエネルギーがわかったような気がしました。

今回のエネルギーは、「自分の魅力の種を育てるエネルギー」です。

その魅力の種は、光の種の一種のようです。

エネルギー当てクイズ75の正解【光の種のエネルギー】
前回は、闇の種(=心の弱い部分)のことについてお話したのですが、今回は、光の種についてお話したいと思います。 人の心の中には、光と闇が混在しています。 大小はありますが、誰でも闇を持っているのです。 光の種が発動す...

 

魅力の種が育ち花が咲くと昼が好きになる

最初に出てきた、日が昇ると憂鬱になる心。

それは、魅力の種が開花していないときの感覚なのかもしれません。

人から「ありがとう」もなければ、笑顔も無い、コミュニケーションも取りづらければ、それはとても昼間が憂鬱になりますよね。。

これは、地球上で生きることへの否定感のような気もします。

その波動の状態だと地球に与える影響も、よくありません。

 

ですが、魅力の種が開花して、人と接することが楽しくなると、昼間元気でいることができます。

生きることが、働くことが、楽しくて仕方ありません。

これは、地球に生きることへの肯定感。

地球も喜び、地球の波動も高くなりアセンションして行きます。

 

自分の魅力の種を育てるエネルギーが発動する条件

さて、自分の心の中にある光の種の一種、魅力の種を育てるためにはいったいどうしたら良いのか?ということですが、

まずは、リーディングをした際にイメージで見えたヒントと元に、魅力の種を育てる条件を割り出して行きたいと思います。

 

条件①

まず、その種を育てるのは自分自身ということです。

自分がその種を見出して、そこに対して、お水(栄養素)を継続的に与えて行かなければいけません。

 

条件②

お水(栄養素)は、自分がおこなったことへの人からの「ありがとう」という言葉だったり、感謝の気持ちだったり、感謝の笑顔だったり、そういうもののようです。

つまり、人から感謝の言葉や、笑顔をもらえると、その魅力の種はすくすく育って行きます。

ですが、条件①にあるように、その栄養素を与えていくのは自分自身。

つまり、自分自身が人からの「ありがとう」をもらうために、しっかり考え抜き、しっかりと行動を移して実現化をして行かなければいけません。

 

条件③

葉っぱは、太陽の下で光合成をして育ちます。

太陽が登っている時の出来事。つまり、魅力の種は、働くことや、人とコミュニケーションを取ることや、行動を起しているという条件が必ず必要なのです。

逆に、人とコミュニケーションを取らないで、その人の魅力を知ってもらえるわけがありませんし、自分で「これが自分の魅力なのだー」となるのは、ちょっと違いますよね。

人と接して初めて、笑顔や「ありがとう」がもらえ、それが魅力だと知るのです。

 

この3つの条件がそろって初めて、自分の心の中にある魅力の種が育って行くのだと思います。

 

自分で作り上げるエネルギーだから

今回のエネルギー当てクイズの正解は、「あえてエネルギーを流していない」です。

なぜならば、

  • 自分自身で行動して種を育てるための栄養素を作り出し
  • 自分で魅力の種を見つけ栄養素を与え
  • 自分から人と接してさらに魅力を開花させて行く

これをおこなうことで、自然と「自分の魅力の種を育てるエネルギー」の流れが出来上がるのだと思います。

この記事をヒントに、ご自身の光の種の一種、魅力の種を育ててみてくださいね^^

コメント