HSP・エンパスとは/共感能力や敏感体質の悩みを解決するために必要なこと

この記事は約5分で読めます。

スピリチュアルに興味がある人の中には、エンパスという言葉や、HSPという言葉を聞いたことがあると思います。

当サイトのセミナーやお茶会に来られるお客様の中にも、そういう方がおられます。

エンパス体質とは、いったいどのような感覚なのでしょうか?HSPとどう違うのでしょうか?

今回は、それらの傾向がある人の特徴と解決のヒントを書いてみました。

HSPやエンパスに悩んでいる人

当サイトのセミナーや、スピリチュアルお茶会に来られる人の中で、HSPエンパスに悩まされている人が、意外と多くおられます。

 

ちなみに、私は、HSP体質やエンパスではありません。

ですが、まわりの影響はものすごく受けやすいタイプの人間でした。

 

スピリチュアルをやっている人には、人の影響を受けやすい人が多いのですが、その中でも、私のように実感はないけど影響を受けやすい人と、影響と受けている実感があるHSPやエンパスタイプの人がいるようです。

 

HSPとエンパスの違い

そもそも、HSPとエンパスの違いですが、

それぞれには、

  • HSP(Highly Sensitive Person)→敏感体質者
  • エンパス(empathy)→共感能力者

という意味合いがあるようです。

 

エンパスは、HSPの症状の中の1つと言われているようで、HSP診断の中に

「あなたはエンパス(共感能力)体質ですか?」

というチェック項目があるということが言われています。

 

HSPとは

HSPは、主に

  • 聴覚
  • 視覚
  • 触覚
  • 味覚
  • 嗅覚
  • 第六感

のどれか、もしくは複合的にすごく敏感な人のことを言うようです。

ちなみに、この前スピリチュアルお茶会に来られた方は、嗅覚や第六感がとても敏感な方で、「ハーブティーの匂いが耐えられない」という方が来られました。

そして、ペンデュラムセミナーとエネルギーワークセミナーを受けられた方では、第六感がとても敏感で、食べ物をまともに食べられないという方もいました。

そして、○○ルさんは、もちろん触覚がとても敏感で人に触られるのが苦手で、小さい頃からアトピー性の皮膚炎に悩まされて来たようです。

 

このように、生まれつき突出して何かに敏感な方のことをHSPというようです。

 

エンパスとは

エンパスは、目に見えないスピリチュアルな部分でとても敏感な人のことを言うようです。

エンパス体質の人は、

  • エネルギーの周波数の違いがわかる
  • 相手が何を考えているのかわかる
  • 相手の気持ちに敏感な反応をする
  • 人混みや電車の中が苦手
  • 見えないものが見えたりする

など、やはり人や場所や物のエネルギーを、すごく敏感に感じ取ってしまうことがあるようです。

 

ちなみに、エンパスで悩まされて来た人は、エネルギーを敏感に感じ取れるため、石起こしをしたパワーストーンをご購入頂いたところ、

「こんなエネルギー初めてです!今まで色んなヒーラーさんに頼んできましたが、こんなにサポートを実感できるエネルギーは感じられませんでした!」

とビックリされおられました。

 

私は、エネルギー的にエンパスの方のように敏感ではないため、石起こしをしてもエネルギーがどのようになっているのか?の実感はあまり感じないのですが、敏感な方には、すごく心地良いようです^^

 

エンパスやHSPに悩まされている人と話してみて

私は、エンパスやHSPで悩まされている人と接してきて、

  • 「なぜこういう人達だけ、他の人にはわからない大きな悩みを抱えているんだろう…」
  • 「なぜこういう人達だけ、人が感じない部分を敏感に感じ取ってしまうのだろう…」

と思っていました。

 

 

現実世界の法則でいうと、「ご本人たちが望んでいることが目の前に現れる」ということがあります。

そういう意味でいうと、生まれつきエンパスやHSPの方は、潜在意識がそれを望んで生まれて来たということにもなります。

 

だとしても、表層意識はかなりキツイ状態で生きていかなければいけません。

 

アトピーがひどくて自殺をしてしまう人もいる事実

私のスピの知り合いであるCallさんは、体の細胞が敏感すぎる体質のため、普通の人の細胞が「何も問題ない」と感じるレベルでも、Callさんの体の細胞は

「危険なものが入って来た!攻撃開始!」

という状態になるということです。

その敏感な体の細胞が原因で、幼い頃からアトピー性皮膚炎に悩まされていたようです。

 

アトピーは、酷くなると、体の皮膚が腫れ上がり、しかも全身が痒くて痒くて掻きむしってしまい、皮膚から血や滲出液が出て、ジュクジュクした状態が止まりません。

その痒さと痛さは、24時間ずっと拷問をされているという感覚だそうです。

それに耐えきれず、自殺をする人も少なくないと聞きます。

 

実は、Callさんは去年その状態で、1年以上スピのお仕事をお休みされていました。

 

こういう体質だからこそ、良い点もある?

そんなCallさんいわく、

名前

Callさん

こういう体質だからこそ、人がわからないものを感じて、スピの仕事ができるという利点もあるんだよ。

良くない影響を敏感に感じ取れることで、その影響を受けないように対処することができたりするし、エネルギーの変化も敏感に感じるから、高いエネルギーが来たときもわかりやすいし、低いエネルギーが来た時もわかりやすい。だから、不思議なんだけど、こういう体質でも悪いことばかりじゃないんだよね。

ということでした。

 

わたしは、エンパスでもHSPでもないので、そういった体質の方の気持ちがわかりません。

なので、わたし自身「そういう体質でも良いところがあるんだよ!」と自信を持って言うことができないのです。

ですが、「こういう方が実際にいる」ということを知って頂くことで、少しでも視点を変えて悩みが和らぐことができるといいなと思います。

コメント