このページをシェア

【お客様からの感想】重度の憑依体質。過去世で霊に入り込まれる入口が開けっ放しになる契約をしていた?!

このページをシェア

沖縄のユタや、青森のイタコは、自分の中に降霊させることをします。

それは、意図しておこなうことなのですが、この世の中には望んでもいないのに、自分の中に霊が入り込んでしまう方がおられます。

今回のお客様が、まさにその状態でした。

いったいどのようにして、その状態を良くして行けば良いのでしょうか?

お客様からの感想も含めてご覧ください。

3体も入り込まれていたお客様は重度の憑依体質

以前、福岡でスピリチュアルスクールのセミナーをおこないました。

その際に、ペンジュラムセミナーと、エネルギーワークセミナーを同時に受講されたお客様がおられました。

ペンデュラム(ペンジュラムとも呼びます)は、筋肉反射を利用したすごく便利なツールです。 ペンデュラムの使い方さえマスターすれば、タロットや占星術や四柱推命など、どの占いよりも簡単に占いが...
エネルギーワークセミナーでは、見えないエネルギーを動かすことを教えて行きます。 見えないエネルギーを動かすことで、結界を張ったり、場を浄化したり次元を上昇させたり、簡単な浄霊、自身の過去...

実は、今回のお客様は、重度の憑依体質で、今日はその時の出来事を書いてみたいと思います。

その前に、お客様から頂いたご感想をご覧ください↓

お客様から頂いたセミナーの感想

Qペンデュラムセミナーを受けようと思った理由

エネルギーワークに大変興味があり、先ずはペンデュラムからという決まりがあったので受講しました

Qペンデュラムセミナーを受けて気づいた事

ペンデュラムは違う所で受けた事がありましたが正確な答えがでませんでした。

なので、あまり期待はしていませんでした(/ _ ; )

メタさんのワークを受講してみて、
ただ質問して振っても正確な答えは出ない事(波動をあげる)や場合によっては他者から確認する作業が必要だという事、他人の潜在意識を知る時には必ず確認する事が大切だと知りました。

これらを知って納得出来ました

Qエネルギーワークを受けてみたいか

ペンデュラムとエネルギーワークは一緒に受講させてもらって良かったです。

過去の書き換えに興味があったので、楽しみでした。

余談になりますが、、、
エンパスなので、何かしら憑いているのは分かっていましたが、メタさんから1日目から憑依外しをしたのは初めてと言われてしまい、大変お手数をお掛けしました(/ _ ; )

また、セミナーで知り合った方々と確認作業を時々してもらってます。

アドバイスや違う視点もあり心強いです。

ペンデュラムセミナーありがとうございました!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Qエネルギーワークセミナーを受けた理由と、その前に悩んでいた事

色々と理由はありますが、メタさんのブログを読みながら過去が書き換えられると知り興味を持ちました。(過去世は浄化する方法をしていました、カルマは自分で刈り取る?と思ってました)

また、エンパスなので様々なワークを受け習得してましたが、改善する傾向がなく自分の何が悪いのかずっと悩んでいました。

Qエネルギーワークを受けての気づき

  • 先ずは憑依などあれば外した方が正確に問題に対する過去に辿りつきやすい事。
  • 宇宙系から何か埋め込まれている場合は、ペンデュラムを自分で振ってみても答えが違う場合があるという事(答えを操作されてしまう)。
  • 案外、自分の潜在意識は単純なタイプだったと知れた事(笑)。
  • 単純だからこそ、興味をもちやすく信じやすい為様々なカルマ・トラウマを幾重にも積み重ねてしまっている事。

別の所で、自分の出生星はアルクトゥルス等言われていたので、正直宇宙系?宇宙人には何の抵抗もありませんでした(/ _ ; )(地球人も他の星から見ると宇宙人だと感じていたので)。

エネルギーワークを受けてみて、宇宙系による影響の過去を書き換える事で、頭や身体が楽になったので改めて宇宙系の影響(全てではありませんが)は良くないと知りました。

良くない者から身を守る方法では、私だけが何故か隠れきれてない事にショックを受けましたが、改善しなければならない事が潜在意識にまだあると知れたので良かったと思います。

波動をあげる事でハイヤーセルフに会えて嬉しかったです。

メッセージも受け取れました。

Q今後どのような事をやってみたいですか

もっと自己レベルを上げられたら、ウェルシークラスに参加してみたいです。

まだ、自分の潜在意識のイメージが出ないので何かブロックがあると思うので、問題解決をしたいと考えています。

書き換えばかりではなく、自己プロテクトや波動をあげる事も欠かさずに行いたいと思います。

補足ですが、講座前にメタさんが現れました!

私のイメージで現れたメタさんの姿はツバメのようなフォルムをしてましたよ^_^

福岡講座ありがとうございました。

重度の憑依体質だったお客様

今回のお客様は、ペンジュラムセミナーに来られた際に、かなり良くない状態でした。

通常、その人本人のエネルギー状態では無い時は、Oリングテストでいくつか質問をすればだいたいわかります。

ですが、今回のお客様は、Oリングテストのときに、とてもわかりづらい答えの出方をしていました。

「何か違和感がある…」

そういう思いを残したままグラウンディングをして頂きました。

すると、お客様の方から

お客様
すみません、エネルギーを引き上げてきて、流すときに肩や背中のところで上手く流れないようなイメージがします

ということをおっしゃられました。

首筋や背中のところにある違和感

調べてみたところ、何かそこにあるような違和感がありました。

だけど、コードも刺さっていない。

じゃあいったい何なんだ?と探っていくと、「何者かに入り込まれている」ということがわかりました。

そこで、入り込んでいるものをひとまず除霊

そして、またグラウンディングをやって頂きました。

もう2体入り混んでいる?

すると、お客様が、

お客様
すみません、メタさん。

まだ胃のあたりと、子宮のあたりに、何か入り込んでいませんか?

ということをおっしゃられました。

こちらで調べてみたところ、たしかにもう2体入り込んでいました。

なんとお客様は、何者かわからない者に3体も自分の中に入り込まれていたのです。

その2体も時間をかけて完璧に追い出し、霊の入り口もしっかり閉じてようやく除霊が完了しました。

開始から1時間くらいかけて除霊が終わり、ようやくペンジュラムセミナーを再開しました。

翌日のエネルギーワークセミナーでも…

そして翌日、今回のお客様がエネルギーワークセミナーに来られました。

その時、念の為お客様の状態を調べてみました。

すると、また1体入り込まれているということが判明しました!

あとから聞いたのですが、一緒にセミナーに参加された他のお客様も、

「やばい!この人は近づいちゃいけない人だ(><;)」

と直感で感じるくらいのエネルギー状態だったようです。

そして、また除霊が始まり、入り込んでいた者を出し、エネルギーワークセミナーを再開しました。

重度の憑依体質の原因は過去世での契約

そしていよいよ過去の書き換え。

お客様が、憑依されやすい原因を作ってしまった過去にアクセスし、どんな状況だったか?を見て行ってもらいました。

すると、ピラミッドの中で祈りを捧げているような、何かの儀式をしている風景が見えたようでした。

実は、その儀式、お客様の中に霊が入り込む入り口を開けっ放しにするという契約を交わす儀式だったようでした。

開けっ放し。。

どうりで、何度除霊しても入り込まれるわけだ…と思いました。

そこで、その契約をしないように過去の書き換えをしてもらい、なんとか書き換えが終了しました。

開けっ放しの癖を直せるかが今後の課題

過去の書き換えは、あくまでも強制的におこなわれることに対して、それを解除することです。

つまり、今までは強制的に開きっぱなしにせざるを得なかったところがあったのですが、強制性を解除したあとは

  • 開いたままにすることもできる
  • 閉じることもできる

という2択を選べるようになります。

つまり、過去世も含む今までずっと開けっ放しの癖が積み上がっている中で、これから閉じるという新しい経験を積んでいかなければいけません。

開けている状態が当たり前ではなく、閉じている状態が当たり前になるには、何度も何度もその経験をして、データを自分の潜在意識の中に蓄積していかなければいけないため、私はそれを今後の課題としています。

どうにか閉じるという訓練をしっかり積み重ねて行ってほしいと思います。

福岡レイキセミナーも受講

今回のお客様は、今までレイキを習いに2ヶ所のスピリチュアルスクールに行かれたようでした。

そこで、「なぜ3回もレイキを習う必要があるのですか?」とお聞きしたところ、

お客様
過去2ヶ所で伝授されたものが、本来は憑依体質を改善したくて習ったものですが、憑依体質は改善されず。

結局、メタさんのところに行った状態がそれでした。

自分としては良くないエネルギーを伝授されたと判断したため、新しくメタさんのレイキ伝授で上書きしたいです。

ということでした。

そういうこともあり、今回のお客様は、10月29日(月)におこなわれた福岡レイキセミナーも受講されました。

今回のお客様のその後ご感想を頂きましたら、またご紹介させて頂きますね!

このページをシェア

フォローする

Facebookページ