魂の活動期/表層意識の持つ我欲が強いと魂は本領発揮できない

この記事は約7分で読めます。

今日は、魂のことについて少し書いてみようと思います。

魂には色んな種類がありますが、今回は、天界系の魂が入っている友達のことについて書いてみようと思います。

その友達は、魂が本領発揮する【魂の活動期】に入りました。

魂が仕事を始めるには、ある条件が揃わなければいけないのです。

その条件とは??

魂の持つ意志が本気を出す時期

私のとても親しい人で、魂の活動期(魂が自分の意志で自由に動く時期)に入っている人がいます。

その方は、もちろん、天界系の魂の方です。

 

魂が本領を発揮する時期は、なかなか来るものではありません。

魂が自分の意志で、自由に活動するということは、その分、現実世界では生きづらくなります。

そのため、偶然と偶然が重なるような奇跡的なことが起こらないと、かなり難しいのです。

 

魂ってなに?魂の種類ってあるの?

もちろん、魂には色々な種類があります。

ですが、魂の種類を書くことによって、色んな誤解を生んでしまう可能性があるので、ブログで発表するのは、控えさせて頂きます。

ウェルシークラスで訓練して行き、ある程度、天界のことが理解できた人にだけお話しします。

ウェルシークラス/リーディング&エネルギーを動かす定期訓練会
このウェルシークラスでは、当サイトで行っている、リーディングをするためのペンジュラムセミナーや、エネルギーを動かすエネルギーワークセミナーで習ったことを色んなパターンで繰り返し訓練して行くことで、上級レベルやプロレベルまで近づけられ...

 

先ほどの魂の活動期をむかえた方は、もちろん、天界系の魂の方です。

魂は、生まれたときから入っている人もいますが、途中から入る人もいたり、逆に入れ物の波動が変わり過ぎて途中で抜けたり、入れ替わったりする人もいます。

どの魂が入るかは、入れ物が決めるのではなく、魂がどの入れ物に入るのかを決めます。

そのため、人の表層意識がどれだけ「天界の魂が入ってほしい」と思ったとしても、入る入らないの主導権は魂の方にあるのです。

 

魂が本気で活動しだすために必要なこと

魂が本来の力を発揮して自由に動けるようになるためには、色々な条件がピタっと合うことが必要です。

それは、

  • 魂がこの地球で何かをする目的を持っていること
  • 魂の計画が順調に進んでいること
  • 潜在意識の中を綺麗になっていていること
  • 魂の意志が潜在意識にまで浸透していること
  • 表層意識の雑味が無いこと
  • 魂の意志が優先できる環境が揃っていること

などです。

 

魂がこの地球で何かをする目的を持っていること

ここでは、あえて天界系の魂に絞って書かせて頂きますね。

 

天界系の人達は、とても自由気ままです。

そのため、魂として入る人たちの中には、何かしら天界の使命があって入れ物(人の肉体)の中に入ることもありますが、ただ地球のこの時代を見るためだけに入ることもあります。

 

ただ地球のこの時代を見に来ている魂の場合は、入れ物(人の肉体)を使って何かをしようという意志は持っていません。

そのため、この意志の魂はそこまで強く表に出ようとしないため、入れ物の人生は、その肉体の意志により決定できます。

 

しかし、極稀に、神と約束を交わし、この地球で何かをする使命があり入れ物(人の肉体)に入る魂があります。

その場合、入れ物(人の肉体)の意志ではどうしようもできないくらいに魂が動き始める時があるのです。

 

魂の計画が順調に進んでいること

神と約束を交わし、使命を持って入れ物(人の肉体)に入る魂には、魂の計画があります。

そういった魂は、計画があって入れ物(人の肉体)に入るのです。

すべて知っているうえで肉体に入るのです。

 

肉体の寿命も知っています。

その肉体が、魂の計画どおりに進んでいないと、強制的に動かされることもあります。

 

魂は「何歳くらいで私は活動期に入ることができる」という計画があり、その時期が来ると、肉体ではどうにもコントロールできないくらいの力に動かされ、魂が本領を発揮し始めます。

 

潜在意識の中を綺麗になっていていること

魂の計画の中には、潜在意識が綺麗になることも含まれています。

上記でも説明したように、魂が活動するためには、条件が揃う必要があるのです。

そのためには、潜在意識の中のが綺麗になっていることが必要になります。

過去の自分に会いに過去に戻る方法・未来の自分に会いに未来に行く方法
過去や未来の自分に会うために、タイムマシーンは必要ありません。未来に行く、過去に戻る、そして、その時の自分と話しをする。それには、ちょっとしたコツはありますが、そんなに難しいことではありません。未来を知ってその未来は変えられるの...

 

なぜ潜在意識が綺麗になっていないとダメなのか?

潜在意識は表層意識よりも頑なです。

そのため、癒やしていないインナーチャイルドや、行動を阻害するブロックや、意図的に作られた別人格があると、自由度が落ちるのです。

 

エネルギーであれば、瞬間的に色んな種類のエネルギーを発することができますが、肉体は一つの行動しか取れません。

つまり、どの領域が肉体を動かすのか、

  • 表層意識が肉体を動かすのか
  • 潜在意識が肉体を動かすのか
  • コードを刺しているものが肉体を動かすのか
  • 魂が肉体を動かすのか

ということなのです。

 

コードを刺されていたり低級霊や生霊に憑かれてるようでは、そもそも論外ですが、潜在意識レベルで行動に制限がかかっていると、魂はまだ動けません。

潜在意識の中にある制限がかかっているものを全て綺麗にすることが必要です。

 

魂の意志が潜在意識にまで浸透していること

潜在意識が綺麗になってくると、魂の意志が潜在意識にまで浸透してきます。

バラバラだった自分の中身が一致してくる感覚です。

 

逆に、潜在意識の中に、インナーチャイルドやブロックがあると、魂と潜在意識が思っていることはバラバラのままです。

魂レベルで動くためには、

  1. 潜在意識
  2. 表層意識

この3つの方向性が揃わないと、難しいのです。

 

表層意識の雑味が無いこと

先ほど言ったように、魂が動き出すためには、魂と潜在意識だけが一致するだけでは、まだ足りません。

表層意識も一致させることが必要です。

実は、潜在意識が綺麗になったあと、一番厄介なのが、この表層意識なのです。

 

表層意識は、今あなたが生活する上で持っている「我欲」そのものです。

 

来月はきちんと売上あがるかな?
→いつもよりちょっと多めに頑張ってみよう。

私の老後は安泰かな?
→不安を解消するために投資をやってみよう。

あの子、可愛いな
→友達になれるように話しかけてみよう。

糖尿病だけど甘いものが好き
→ちょっとだけなら食べても大丈夫なはず。

 

これら「我欲」は、生活をする上で、ごく普通にみんなが思う当たり前のことです。

これが表層意識なのですが、実は潜在意識や魂は、表層意識とは違うことを思っていたりします。

 

表層意識が強すぎると、どうなるのか。

潜在意識の意志とは逆の方に行ってしまうため、

  • 物事が上手く運ばなかったり
  • 中をいじめている状態のためインナーチャイルドを作ってしまったり
  • 中が流れを元に戻すために強制的に失敗させられたり

ということが起きてきます。

 

だからそうならないためにも、常に潜在意識と繋がり、コンタクトを取る必要があります。

その時に、表層意識が持つ「我欲」を捨てることができるか。

どんな答えが出たとしても、自分の中を信じて「表層意識が全ての現実面の責任を持つ」という覚悟が必要なのです。

 

そうすることで、表層意識の雑味が消え、表層意識の思いが弱くなります。

弱くなると言っても、自分の潜在意識を信じて、現実面で責任と覚悟を持つという意味では、表層意識のレベルは高くなっている状態です。

 

そして、

【表層意識が現実面で潜在意識をサポートする】

という構図が出来上がると、潜在意識も表層意識の味方になってくれ、本当の意味で強くなるのです。

 

そして、この段階で

  1. 潜在意識
  2. 表層意識

3つの思いが一つとなります。

 

魂の意志が優先できる環境が揃っていること

魂の意志が潜在意識に浸透し、表層意識にまで浸透してくると、ようやく魂が本領を発揮する段階まで来ます。

「ようやくか~!」と思うかもしれませんが、ここで最後にとても必要不可欠なことがあります。

 

使命を持って降りてきた魂は、この地球上で生きるために当たり前にやらなければいけないことを優先しません。

理由は、神と約束した見えないレベルでの仕事を優先するからです。

 

稼ぐとか、食べて行くとか、綺麗な洋服を着るとか、人として当たり前のことを優先しないため、それらがサポートされている環境が必要になるのです。

それらをサポートしてくれる環境が揃うかどうかは、一応、魂の計画の中に含まれています。

つまり、本来はそういう運命と通るはずなのです。

ですが、表層意識に雑味(我欲)がありすぎると、運命はたやすく変わってしまうため、魂の計画とは違う方向に行っています場合もあります。

 

表層意識の雑味、我欲を脱ぎ捨てれば、必要なものは全て揃い、魂の計画どおりに物事が運ぶため、現実世界に生きづらい自分をサポートしてくれる環境は、揃うのです。

 

まとめ

魂が本領を発揮することは、表層意識のレベルで狙ってできるようなものではありません。

すべては魂の意志によって決められています。

 

魂にも、本領発揮しなくても良いタイプの魂もあるので、そこは見て行かなければいけません。

ですが、どちらにしろ、私たち(潜在意識と表層意識)がコンタクトを取りあって、表層意識が潜在意識をサポートする形(我欲を捨てること)を選んでいけば、きっと間違いはないと思います。

コメント