このページをシェア

【会津若松セミナーでの出来事②】「コードを刺して欲しい」と潜在意識が思ってしまう原因となる過去をクリアする

このページをシェア

ごくまれに、表層意識ではコードを刺されたくないと思っているのに、潜在意識がコードを刺されたがっているというパターンがあります。

それは、潜在意識が「自分は誰かからコントロールされていた方が楽だ」と思っているからです。

それには、誰かからコントロールされていたいと思う原因をクリアにしなければいけません。

今回のお話は、その原因をご自身で見つけ出し、ご自身でクリアして行く流れを書いてみました。

「コードを刺して欲しい」と潜在意識が思ってしまう原因とは?

先日の会津若松セミナーでの出来事の第2話です。

前回の記事はこちらをご覧ください↓

会津若松のセミナーに参加されたお客様は、13歳から不登校になり、ずっと引きこもりで、現在30歳の男性の方でした。 医師からの診断で、軽度の発達障害という診断が出されたということでした。 ...

お客様の潜在意識は、自ら「コードを刺されたい」と思っており、コードを刺されているとペンジュラムがデタラメに振れてしまうため、応急処置として、エネルギーワークセミナーでレクチャーする予定だった

  • 過去の書き換え
  • プロテクト
  • 見えなくする方法

を先にレクチャーすることにしました。

そのため、まずはご自身の波動を上げるところをレクチャーし、準備を整えました。

※通常はペンジュラムセミナーでエネルギーワークセミナーの内容はレクチャーしません。

※今回は先に料金を頂いて2日間でペンジュラムもエネルギーワークもお教えできる条件だったため特別にこの方法と取り入れました。

潜在意識が抱いている寂しさの原因となる過去の出来事

メタさん
「コードを刺して欲しい」ということを潜在意識が思うということは、何かしらの原因があります。

それは「寂しさから来ている」と出ていましたよね?

なので、寂しさが湧き上がってくる自分の過去を見つけ出し、その部分を癒やすことをして行きましょう。

自分の中で、ふと思い出してしまう過去の思い出はありますか?

お客様
はい。

今この瞬間に、2つ浮かび上がりました。

  • 1つ目は、幼少期。
  • 2つ目は、13歳の時に不登校になった原因があった時。

この2つです。

メタさん
OKです。

その部分の過去をクリアして行きましょう。

過去の書き換えは、エネルギーワークセミナーでは私メタさんが誘導しながらやって行きます。

ちょっとしたコツがあるのですが、ペンデュラムでその人が妄想をしているのか、潜在意識が見せているものなのか、確認しながら、わたしがどういうふうにやれば良いかを一つひとつヒントを与えて行き、ご自身で過去を癒やして頂きます。

幼少期の頃にトラウマになった出来事をクリア

メタさん
さて、まずは、幼少期の頃に自分に何があったのでしょうか?
お客様
はい。

僕がまだ幼い頃のある日の夜、母親と一緒に寝ていたはずなんですが、ふと目を覚ますと、横にいたはずの母親がいないんです。

その時に、とても不安になって、泣きながら母親を探したんです。

歩き回ってみたんですけど、なかなか母親が見つからなくて…

その不安や恐れや悲しさが、今でも思い出すくらい残っているんです

メタさん
なるほど。

お母さんは結局どこにいたんですか?

お客様
うちは、昔ながらの蔵があるような、すごく広い家なので、少し離れたところに別の家があるのですが、そこにいました。

不安で不安で、泣きながら探し回って、その間本当に怖かった思い出があります。。

メタさん
わかりました。

では、その子供の頃に、今の自分が飛んで行きましょう。

そして、その目を覚ました時の自分に「怖がらなくて大丈夫だからね」と安心させてあげてください。

お客様
はい。

「おじちゃん誰?」と言っています。

メタさん
子供でもわかる言葉で事情を話してみてください。

そして、お母さんがいるところに一緒に連れて行ってあげてください。

お客様
はい。

あ、母親がいました。

子供の頃の自分は、やっぱり不安だったのか、泣いています。

メタさん
その時に、お母さんに言いたいことを言うように、子供に伝えてください。

そして、今のあなたも、その子供の味方になってあげて、お母さんに「なんでこんな子供が不安になることをしたの?」と、伝えたかった気持ちをその子供と一緒に伝えてみてください。

お客様
はい。

…ごめんなさい、なぜだか涙が出てきます。。

メタさん
潜在意識の自分がやっと言いたいことを言えるようになると、こんな現象が起こります。

不思議ですよね。

ティッシュをどうぞ。

お客様
…(ペンデュラムで確認中)

言いたいこと、伝えられたみたいです。

メタさん
…(ペンデュラムで確認中)

OKですね!

では、その記憶のイメージごと○○に○○○て○○○○した○○○○○○してください。

お客様
はい。

どうでしょうか??

メタさん
OKです!

その部分の過去はクリアできたみたいです^^

お客様
良かったです^^

あ、そういえば、言いたいことを伝えている間、その時の家の物陰から、じーっと誰かがこちらを見ていた気がするんですが、これって気のせいでしょうか?

メタさん
…(ペンデュラムで確認中)

気のせいじゃなさそうですね。。

誰なんでしょう?

心当たりありますか?

お客様
今、ふと思ったんですが、過去生の自分って出るんですが、これ合っていますかね?
メタさん
合っているみたいです。

過去生ですか…何かありそうですね。

今日は4時間しかないので、過去生までやってしまうと時間内に終わらないので、明日過去生やりましょうかね!

お客様
はい^^

13歳の時に不登校になった原因となった過去をクリア

メタさん
さて次は、13歳の時ですね。

ちなみに、不登校になったきっかけって、どんなことがあったんでしょうか?

お客様
はい。

ある日、中学校の同級生の親が、いきなりうちに怒鳴り込みに来たんです。

理由は、何か僕がその同級生に何か言ってしまったのか、何かやってしまったのか、それは良くわからないのですが、その親が来て僕のことを怒っていたんです。

それで、なぜそんなことになったのかわからずに、こちらも泣いてしまって、でもずっとその同級生の親に怒られたんです。

その時に、お父さんもお母さんも家にいたはずなんですが、「どうしたんですか?」ということもなく、僕だけが一人怒られて。。

理由もハッキリわからずに怒られて、そして僕は誰かに来て欲しかったのに親も来てくれなくて。

それが嫌で嫌で、それがきっかけで人間不信になり不登校になってしまいました。。

メタさん
なるほど。

普通は、自分の子供がどこかの大人に怒られていたら、お母さんとかが、

「うちの息子が何かしましたか?」

くらいは言いそうなものなんですけど、子供だけにその状況を押し付けてしまったんですね。。

それはツラいですね^^;

親に見捨てられたような感じに思ってしまいますよね。

では、書き換えるポイントは、その同級生の親から怒られている時に、お母さんに助けに来て欲しかったというところなので、そこを書き換えましょうか。

お客様
はい。
メタさん
では、まず過去に飛んで行って、その時の自分を親代わりとなって助けて上げましょう。

そして、同級生の親から助けたら、親にもその時自分がどういう心境だったのか、伝えたいことなどをその時の自分と一緒に言いに行ってください。

お客様
はい。

…すみません、また涙が。。

メタさん
大丈夫ですよ。

その時の自分が言いたかったことを思う存分言わせてあげてください。

お客様

言いたいこと、全部言えました。

メタさん
…(ペンデュラムで確認中)

OKです。

では、その○○もさっきと同じように○○○○○○○○○○○○してみてください。

お客様
はい。

終わりました。どうでしょうか?

お客様
…(ペンデュラムで確認中)

OK!

この過去も綺麗にクリアできたみたいです^^

お客様がご自分で過去の自分を癒やし、2つの過去の書き換えがおわりました。

メタさん
一応、今2つの虐げられていた自分の過去が癒やしされましたが、多分、まだ色々とありそうな気がします。

とりあえず明日まで少し様子を見て、明日のエネルギーワークセミナーでガッツリとやってみましょう。

お客様
はい^^

よろしくお願いします。

プロテクトと見えなくする方法

メタさん
波動が高くなって、使えるエネルギーの質もだいぶ良くなっていると思います。

それでは、そのエネルギーを使って、

  • プロテクト
  • 許可していない者から見えなくなる方法

をやってみましょう。

お客様
はい。

よろしくお願いします。

そして、プロテクトの方法と、許可していない者から見えなくなる方法をレクチャーし、出来ていることを確認しました。

メタさん
一応、今の段階では出来ています。

あとは、潜在意識レベルで低い者に許可を出さなければ、良くない影響は受けづらくなります。

ただ、潜在意識レベルで許可を出していると、それは自分の意思なので自動的にプロテクトが解除され、またコードを刺されます。

ですので、そこだけは気をつけてください。

お客様
わかりました。

気をつけます。

現時点で少し先の未来を見てみる

メタさん
一応、

  • 過去の書き換え
  • プロテクト
  • 見えなくする方法

を終えてから、現実がどれくらいで変わり始めるのか、少し未来を調べてみましょうかね。

どのくらいで現実が良くなり始めるか、ペンデュラムで聞いてみてください。

お客様
はい。

…(ペンデュラムで確認中)

一年以上かかりますかね。。?

メタさん
…(ペンデュラムで確認中)

そうですね~。

僕の方で見たところ、早くて1年くらいで現実が良くなり始めるって出ますね。

1年か~^^;

けっこう長いですね。。

お客様
でも、13歳から30歳まで、この長い期間現実が良くならなかったのが1年くらいで良くなるなら、早い方だと思います。

少し希望が持てます^^

メタさん
そうなんですね^^

ですが、明日また本格的なことをやるので、それが終わったあとで、どんなふうに変わるか?を見てみましょう。

明日、勝負どころだと思います!

ペンデュラムセミナーでのまとめ

今回のお客様は、声が聞こえたりするし、見えない存在からコードが刺さっている感覚がしていたため、「もしかしたら自分は精神的におかしいのではないか?」と思っていたらしいです。

ですが、それはお客様の勘違いで、実は、声が聞こえることも、コードが刺さっているのも事実でした。

なぜそう思ってしまったのか?というと、

今回のお客様はエネルギー的にすごく敏感で、エンパスに近いタイプの方で、しかも波動が低かったため、宇宙系や陰陽系の方から良くないエネルギーの影響を受けやすい状態のようでした。

しかも、潜在意識の中に大きな寂しさを抱き続けてきたため、潜在意識が自分から見えない存在に対してコンタクトを取り、コードを刺して欲しいというお願いをしていました。

次の日は、いよいよエネルギーワークセミナー。

エネルギーワークセミナーでも、今世の過去の出来事と繋がる部分があり、さまざまなことがありましたので、次回の記事でご紹介します。

会津若松セミナーでの出来事、第3話はこちらになります↓

今世、13歳で不登校になり、引きこもり生活を続けて現在30歳。 どうにも変えられない今現状の原因を見つけるため、潜在意識の中を探って行くと、前世(過去生)に辿り着きました。 このお...

このページをシェア

フォローする

Facebookページ