【お客様からの感想】暗い森を抜けてミシェルヶ丘に登る朝日を見るために入れ物に宿った天使

この記事は約7分で読めます。

ほとんどの人は、魂の意志と、表層意識の感覚が、だいぶズレています。

魂は地球のアセンションを目指しているけど、表層意識は保身的で、怖がりで行動を起こそうとしない。

そうなってしまう理由は、表層意識の方に心の弱さがあるからです。

表層意識の心を、魂の周波数に同調させてこそ、生きがいを感じられるのでは無いでしょうか。

暗い森を抜けて、朝日を見る使命を持つ天使の魂

先日、ウェルシークラスに参加されているお客様から、魂の使命や目的のリーディングをお申し込みのご連絡がありました。

今回のお客様は、ウェルシークラス中に心のリーディングの訓練をしている時に「しっかり訓練をしていけば、かなり良いカウンセラーになるのでは?」と感じた方です。

今回は、そのお客様の魂の使命や目的をリーディングさせて頂きましたので、ご覧ください↓

魂の使命や目的のリーディング結果

まず、○○さんの魂にアクセスしてみました。

すると、白いキラキラした天使がイメージの中に浮かんで来ました。

 

この天使が○○さんの中に魂として入っているようです。

どこの部隊か?聞いてみようとした瞬間
「ミカエル部隊」という言葉が浮かんで来ました。

○○さんに入っている魂は、ミカエル部隊に所属している天使のようです。

 

暗い森を抜け出し、朝日を見るために必要なこと

ここでこの天使に、○○さんの中に入った目的や使命を聞いてみました。

すると、「ミシェルヶ丘(みしぇるがおか)」という不思議な言葉が浮かんできました。

ミカエル部隊の天使
ミシェルヶ丘に、もうすぐ朝日が昇る。

私は、その丘に登り、朝日を見るために、ここに降りて来ました。

 

私や私の入れ物(表層意識)は、その朝日や光景を見る必要があります。

なぜならば、私の入れ物は、まだ暗い森の中

幻の中をさまよっています。

 

朝日を見ることで、光が広がる速度や、どのように地球がアセンションして行くかの流れが見えてきます。

その結果、私の入れ物が、何をやって行くべきなのかもハッキリとします。

 

ただ、私や私の入れ物(表層意識)はその朝日を見られない可能性もあります。

この人生、ずっと幻の中を歩むことにもなりかねません。

その丘に辿り着くためには、まだ暗い夜の森の道を抜けなければいけないからです。

 

朝が来るまでに、この暗い森(幻)を抜けられるか、そこが勝負どころ。

理想や期待や不安や恐怖を捨て、身の程を知り、必要な努力ができるようになったとき、初めて幻が消え、朝日が見える丘が見えてくるのです。

私の意志が表層意識まで届くか、届かないか、幻を振り払えるか、振り払えないか、その瀬戸際に来ています。

わたしは、結果が出るその時まで、この意志を持ち続けます。

ということでした。

 

魂の意志を感じ取り、現実を動かすのは自分自身

○○さんの魂は、表層意識がまだ幻の中にいるということを伝えていました。

その幻の中にいると、努力ができないようです。

その幻は、不安や恐怖、理想や期待、心の中の闇の方の感覚でいると、その幻の中にいてしまうようです。

 

でも、魂は意志を発しています。

幻を抜け出す意志を持っています。

あとは、表層意識の○○さんが、勇気を持って、 理想や期待、不安や恐怖を捨て去り、どんどん行動を起して行くだけです。

 

魂は、現実世界は動かしてくれません。

現実世界を動かすのは、あくまでも表層意識(行動)や、無意識(引き寄せ)、そしてその原点である心です。

なので、しっかりと内面と表の意識を連動させて、そのことを楽しんで動いてみてくださいね☆

 

お客様から頂いたメール

リーディング結果をお客様にお伝えしたところ、ご感想のメールを頂きました↓

 

読みやすいように文字起こしをさせて頂きます↓

 

ミシェルヶ丘ってなんでしょう?

メタさん

お疲れ様です。○○です。

リーディングいただきありがとうございました。

ミシェルヶ丘って、面白い表現ですね笑

朝日が登るというのは、自由が丘に天界の柱が立つことを指しているんですかね。

いただいたリーディングを踏まえ、現状報告を兼ねつつ感想を書いてみました。

 

最近は、すごく気が重い日々を過ごしていました…

>私の入れ物は、まだ暗い森の中。
>幻の中をさまよっています。

 

つい最近まで、これ以上の失敗が嫌だから仕事を辞めたいと思っていました。

やる気が出ず、休日は頭痛や吐き気がして、平日は仕事で焦ったり疲れたりして、「スピに向いてる」と言われたけどどうしたらいいかわからないし、個人事業主なんてやったことないから生活できるかわからないし、そもそも本当にスピをそこまでやりたいのかわからないし、とにかく気が重いと落ち込んだりと、正に暗い森の中の幻の中にいる感じでした。

 

天界レベルで生きて生きたい!

>ただ、私や私の入れ物(表層意識)はその朝日を見られない可能性もあります。
>この人生、ずっと幻の中を歩むことにもなりかねません。

 

最近色々考えているうちにやっぱりスピをやりたいなと思ったのと、天界と関わる未来と欲のまま進む未来を見たら、エネルギーや見える光景が全く違っていて、「天界レベルで生きていきたい」という思いが強まりました。

なので一生幻の中にいるのは絶対嫌ですね笑

 

お仕事にするために計画を立て始めました

天界レベルで生きるために自分は何をしていけばいいか考えた際に、仕事にするということはお客様に天界とは何か等説明できないといけない。

ということは自分の中に天界や天界レベルで生きること、心の光と闇に対するまとまった考えが無いといけないと思い、スピに関する自分の考えをまとめる作業をするようになりました。

そうしたら、ここ数日はスピでやりたいことがどんどん湧き出てくるようになって、集客も含めて事業を現実化する計画(の青写真)を描けるようになってきました。

努力してる頑張ってる、うおおお!という感じではなく、坦々と、でも流れが少しだけ見えてきたからワクワクする感覚で少しずつ行動しています。

 

光の道に進めるかの瀬戸際

>私の意志が表層意識まで届くか、届かないか、幻を振り払えるか、振り払えないか、その瀬戸際に来ています。

 

とはいえまだ何かあると闇が大きくなる感じがあって、安定してるとは言い難いので、魂が言うように今が光の道に進むか否かの瀬戸際だと思っています。

 

地球のために何をすべきか、考えています

>理想や期待や不安や恐怖を捨て、身の程を知り、必要な努力ができるようになったとき、初めて幻が消え、朝日が見える丘が見えてくるのです。

 

今、必要な努力に達しているのか分かりませんが…。

行動を続け、光を安定させ、朝日が登る光景を見てみたいと思います。

朝日を見ると地球の流れもわかるんですね笑

地球のために何をすべきか、考えるとワクワクします。

引き続きよろしくお願いします。

 

ミシェルヶ丘は、ウェルシー上位クラス??

今回のお客様は、ウェルシークラスに参加されている方です。

ウェルシークラス/リーディング&エネルギーを動かす定期訓練会
このウェルシークラスでは、当サイトで行っている、リーディングをするためのペンジュラムセミナーや、エネルギーを動かすエネルギーワークセミナーで習ったことを色んなパターンで繰り返し訓練して行くことで、上級レベルやプロレベルまで近づけられ...

 

そして、先日記事にもアップさせて頂いた、ウェルシー上位クラスに参加される東京のお客様でもあります。

隠岐の島の方と東京の方が、ウェルシー上位クラス(サロンメンバー)に参加されます
【お知らせ】 大阪Try-Angeの移転記念イベント 7/18(土)・7/19(日)11~17時でおこないます! ※お茶を飲みに来るのは無料です☆ 先日のウェルシークラスでの出来事です。 隠岐の...

 

今回のリーディング結果で出てきた内容にあった「ミシェルヶ丘」というのを、ウェルシークラスで「あれって何なんだろうね~」と話していたら、どんどん話が展開して行って、

「あれ?ということは…、ミシェルヶ丘って、3つのサロン=ウェルシー上位クラスのことじゃない??」

という結果に落ち着きました。

 

ウェルシー上位クラスに参加している人にしか見られない光景がある

このブログでは、あまり言えないことを、ウェルシー上位クラスの中で話をしています。

天界の計画や、地上に降りて来ている実行部隊の動き方。

光を広げるために、何をするべきか?どういう動きをしているのか?

そういったことをウェルシー上位クラスでは、連携を取りながらおこなっています。

 

そこに入るというのは、ある程度覚悟が必要です。

半端な覚悟で入ると、結局すぐに辞めることになり、皆さんにご迷惑をかけるだけになってしまいます。

今回のお客様も、しっかり覚悟を決めた上で、ミシェルヶ丘に登る朝日を見に来て頂けると嬉しいです。

コメント