当社の天然石へのこだわり/世界一清らかな波動の水晶を提供するための企業努力

この記事は約4分で読めます。

当店は、世界一、波動の状態が清らかで綺麗な水晶を取り扱えるよう、他のお店ではできないようなさまざまな努力をして、石を取り扱っております。

このページでは、どのような企業努力をしているのか?を一部、ご紹介させて頂ければと思いますので、水晶をご購入前に、ぜひ参考にされてください。

浄化力が一番強いヒマラヤ水晶を基本として

当社は、浄化力が一番強いと言われているヒマラヤ水晶をメインとして扱う天然石ショップです。

通常のパワーストーンは、「毎日浄化が必要」ということだったり、「自分以外の人に触れさせるとすぐに波動が変わってしまうからダメ」だったりと、さまざまな成約があることは、皆さんも聞いたことがあるかと思います。

ですが、浄化力が強いヒマラヤ水晶は、自分自身が浄化力が強いため、ほとんど浄化する必要がありません。

そんなヒマラヤ水晶の中でも、ガネーシュヒマール産の水晶は、ひときわ清らかさと厳しさを兼ね備えており、様々な人の手を渡ってお客様の元へ行ったとしても、ヒマラヤの波動がそこまで落ちることはありません。

そういうこともあり、ガネーシュヒマール産のヒマラヤ水晶を基本として、天然石全般を取り扱っています。

 

ヒマラヤ水晶に対しても、原点の波動に戻す努力を惜しみません

通常、日本で出回っているガネーシュヒマール産のヒマラヤ水晶は、

国に認定された採掘者(Ree村、Lapa村、Sertung村、Tipling村の人たち )

採掘者と契約しているディーラー

加工業者

ネパール在住の卸業者

日本在住のネパール人の卸業者

日本人の卸業者

日本人の小売店

お客様

というたくさんの人の手を渡り、お客様の元へ辿り着きます。

そんな中で、取り扱っている人の心の状態や、波動の状態があまりよろしく無いと、浄化力が強いヒマラヤ水晶でも、人の波動の影響を受けて、多少なりともガネーシュヒマールの源流の波動が薄まっていきます。

 

そこで、当社では私が、4つの村の中で一番行きづらく、日本人で行った人はほぼいない(カトマンズ在住のガネーシュヒマール水晶のディーラーさえも「簡単には近づかない場所」だということを聞きました)であろうTipling村まで行き、村の方々から大切な水晶を譲って頂きました。

つまり、Tiplingから持ち帰った水晶は、

Tipling村の採掘者

民家の人

というほとんど人の手を渡っていない水晶です。

だからなのか、お店に届いた水晶の箱を開封した瞬間から強烈な浄化作用が起こりました。

その浄化作用とともに、当店に置いてある他の石たちの輝きも増してきました。

Tiplingから持ち帰った水晶たちが、お店の中にある水晶たちに対して、強烈な浄化作用をもたらしたのです。

「これがガネーシュヒマール水晶の原点の波動か…」と驚きを隠せませんでした。

 

当店には、ヒマラヤ水晶以外の石も取り扱っていますが、このTiplingから持ち帰ったガネーシュヒマール水晶がお店に置いてある全ての石を浄化してくれています。

 

取り扱うスタッフの波動や心の状態

石の波動の状態を良い状態でお客様に提供できるためにやっている企業努力として、もう一つ上げるとするならば、石を取り扱うスタッフの心の状態や波動の状態です。

心の状態が波動になり、物や人に対して影響を及ぼします。

そのため、石を取り扱うスタッフが「天然石が好き」なのはもちろんのこと、波動や心の状態を良くするための訓練を積んだスタッフのみに石の取り扱いを任せています。

 

余談ですが、当社の天然石を取り扱っている「スーパーストーン・プラチナヒルズ店」の店長は、波動の状態を確認したり、石の意思を覚醒したり、石からのメッセージをリーディングしたりできるような特殊な訓練をクリアしています。

 

本物の波動がわかるからこそ、調整をかけたり厳選ができます

当店の強みは、波動を感じ取ったり、読み解いたり(リーディングしたり)、波動を調整できたりすることができる人員で揃えていることです。

そして、例え波動がわかる技術を身に着けていたとしても、ガネーシュヒマール産のヒマラヤ水晶の原点の波動を実際に体感しているのと、体感していないのとでは、波動の調整をする時に、まったく違ってきます。

 

よくあるのは、石の浄化をする際に、自分自身のエネルギーや、伊勢神宮の御神気、綺麗な海のお水で洗うなどの浄化をするパワーストーン店はたくさんありますが、ガネーシュヒマール水晶の原点の波動で石の浄化をするお店は、まずありません。

当店は、石の意思を尊重しています。

だからこそ、天然石が本来持つ清らかさの波動に対してこだわりを持ち続けたいと思っています。

コメント