【お客様からの感想】ヒーラーさんが言うことやどの次元のエネルギーに繋がってるのかを見極めたい

この記事は約7分で読めます。

先日セミナーに来てくださったお客様は、
「自分のことを見て頂いているヒーラーさんに『ご指導が入っている』と言われたけど、どこからご指導が入っているのか自分でも知りたいんです。そして、どの次元に繋がってヒーリングをしてくださっていたのかを、自分でも見極めたいんです。」
ということを言っておられました。

エネルギーに対して盲目であることに不自由を感じているという方は、意外と多いと思っています。

ですが今回のお客様、ペンジュラムセミナーの時点で、そのヒーラーさんを超えるエネルギーの高さになってしまわれました。

なぜそんなことになってしまったのでしょうか?お客様の感想も掲載していますのでご覧ください。

ヒーラーさんの言うことを盲目的に信じないために

先日、ペンジュラムセミナーに来てくださった方のことを記事に書きました。↓

【セミナーでの出来事】ブロックが解除されたとたん必要なお金が一気に入ってきた!という体験談。
お金は、必要なことを行うためのツールです。 自分にとって本当に必要なものがあれば、その必要なものを買うためのお金が入ってきます。 ですが、行動を阻害するブロックがあると、その必要なものを買うためのお金は入って来ないため、...

 

今日は、そのお客様から頂いたセミナーの感想のメールをご紹介したいと思います。

そのメールがこちらです↓

 

 

わかりやすいように、文字に起こしてみますね^^

 

ペンジュラムセミナーの感想

ヒマラヤ水晶Messenger メタさん

こんばんわ。○○です。

今日はペンジュラムセミナーありがとうございました。

そして、お疲れ様でした。

先程はメールありがとうございます。

申し込みをお願いして5日後という、かなり急なお願いだったにも関わらず、
対応して下さって、本当にありがとうございました。

アンケートについて、書きますね。

 

セミナー前に悩んでいたこと。受けようと思った理由。

自分がどこかと繋がり、ご指導を受けている感覚はあったのですが、
いつも正直、自信がない状態でした。
ある方のカウンセリングで、実際にご指導が入ってるとも言われましたが…)

 

それを自分自身でしっかりと確認したい、分かるようになりたいと思ったからです。

それが自信となって、仕事でよりいいものを生み出し、届けることに繋がるのではないかと。

 

セミナーを受けてみての気づき。

普段、メタさんのブログで色々と気づきや学びを得てる私としては、
(2時間のお茶会の時も驚くほど、沢山学びや気づきがありました、笑
それ以上に、今日のペンジュラムセミナー4時間は、
実際にその気づきや学びをこの目で体験、実感したという感じでした。

 

自分の潜在意識と会話して、自分のエネルギー状態を確認した時、
自分が持っている物差しで測った訳ですが、
あまりにもの数値の違いに、驚くとともに、
改めて高波動に繋がることの大切さも実感しました。

 

潜在意識との握手のやり取りも興味深かったです。

 

最初のお茶会から3ヶ月ちょっと経ったわけですが、
その時に教わったグラウンディングと、波動を上げる方向の再確認も出来て、良かったです。
(日々の自主練の方向が間違っていなくて、ほっとしました、笑)

 

エネルギーワークでやってみたいこと

私としては、今すぐにでも、エネルギーワークを受けたいです(笑)

自宅に戻って、潜在意識にもペンジュラムを通して、確認したのですが、
今日のペンジュラムセミナーが楽しかったから、エネルギーワークセミナーも受けたい!

でも、今すぐに受けたいのではなく、3ヵ月後がいいと!(笑)

その時には色んな準備がちゃんと整うと言ってました!(笑)

今まで、潜在意識には、無理させてツライ思いをさせてしまい、
対話が可能になった今だからこそ、出来る限り希望を叶えてあげたい気もするので、
3ヶ月後までは、今の仕事を頑張りつつ、受けれる日を楽しみにしながら、
ペンジュラムセミナーで学んだことを、訓練して磨いて、受けれる日まで頑張ろうと思います。

 

エネルギーワークが出来るようになったら、
今の仕事に生かし、その人その人に合わせた、必要としているサポート
(そっと背中を押してあげれるような)
沢山の人に出来たらよいなと思っています。

 

長文になってしまいました。

暑さが落ち着き、季節が秋に移り変わる頃に、
エネルギーワークセミナーで、またメタさんにお会いできたら嬉しいです。
楽しみにしております。

○○○○

 

今回のお客様のすごかったところ

今回のお客様とやりとりをしていて「本当にすごいな~」とこちらが関心するような部分がありました。

1つ目は、先日のブログにも書かせて頂きましたが、ご購入頂いたパワーストーンのサポートをしっかり受け取っておられることです。

 

私が石起こしをしたパワーストーンは、「お客様をサポートしたい」という気持ちを持ち、お客様の変化した後の未来を知っています。

なので、石のサポートを受け取るには、お客様自身が石のエネルギーの方向性に合わせて、しっかり行動していかなければいけません。

 

その行動の部分をしっかりやった結果が、すごく変化のある3ヶ月間であり、石を購入されて3ヶ月でペンジュラムセミナーを受けるための資金を引き寄せられたのだと思います。

 

本当にやりたいことを優先していること

2つ目のすごいところですが、潜在意識の声をしっかり聞いて、本当に自分がやりたいことを優先していらっしゃるところです。

 

通常、ほとんどの人は、表層意識の我欲で動いてしまいます。

ですが、潜在意識の声を聞かずに表層意識の我欲だけで行動していると、どうしても、表層意識と潜在意識の思いがちぐはぐし、物事が上手く行かなくなります。

 

ですが、今回のお客様は、しっかり潜在意識の声を聞いてあげた上で、本当に自分がやりたいことをされておられました。

表層意識と潜在意識の方向性がピタリと合うと、すごく引き寄せが強くなります。

そういうこともあって、ペンジュラムセミナーを受けるためのお金の引き寄せもトントン拍子で行ったのではないかな?と思いました^^

 

でも、表層意識と潜在意識の思いを一致させられる人って、実はそんなにいないんですよね。

だからこそ、すごいな~!と本当に思いました。

 

自分が見てもらっていたヒーラーさんよりも波動が高くなっていた

すごいと思ったこと、3つ目です。

ペンジュラムセミナーの時に、

  1. グラウンディング前
  2. グラウンディング後
  3. 波動を引き上げた後

の3つの数値を取ってもらって、比較をしてもらうのですが、

波動が上げた後のエネルギーの高さがハンパじゃないくらい上がっておられました。

 

グラウンディング前の、エネルギーの高さの数値はよく覚えていませんが、たしか、3以下だったと思います。

ですが、波動が上がった後の数値は、なんと3,000!

 

物差しの基準は人によって違います。

私にとっての1,000が、お客様の3,000かもしれません。

ですが、元々の自分のエネルギーと比較すると1,000倍くらい上がったということなんですね。

 

そこで、元々お客様が通っていたヒーラーさんのエネルギーの高さと、今現時点のお客様のエネルギーの高さを比べてもらいました。

すると、なんとお客様のエネルギーの方が、ヒーラーさんのエネルギーよりも高かったのです!

 

エネルギーに対して盲目的にならないことが大事

今回のお客様は、自分がヒーリングをしてもらっていたヒーラーさんよりも、エネルギーが高くなっておられました。

そして、

  • そのヒーラーさんがどの次元に繋がってエネルギーを動かしているのか?
  • そのヒーラーさんの言うご指導とはどこなのか?

ということも、しっかり見極めたいと思われました。

 

実は、そういうことなんです。

エネルギーに盲目的であると、どうしても

  • 偉い人=波動が高い人
  • 有名な人=波動が高い人
  • 自分を助けてくれた人=波動が高い人
  • お金持ち=波動が高い人

のような感覚(思い込み)になってしまうと思いますが、実はそうではないのです。

例えば「自分を助けてくれた人」でも、自分よりも波動が低くい場合もあるんですね。

 

今回のお客様は、そこを「きちんと見極められるようになりたい!」と思い、しっかり自分とヒーラーさんのエネルギーの違いを見極められたことに、私は「すごい」と思いました。

 

ペンジュラムを習い、訓練していくことで、今回のお客様のように、自分と関わるスピリチュアルの方々のエネルギー状態を見極めた上で接していけるようになるといいですね^^

ペンデュラム(ペンジュラム)の使い方セミナー/簡単な占いができるようになります
ペンデュラム(ペンジュラムとも呼びます)は、筋肉反射を利用したすごく便利なツールです。 ペンデュラムの使い方さえマスターすれば、タロットや占星術や四柱推命など、どの占いよりも簡単に占いができるようになります。 ただ、ペン...
ペンデュラムをやる楽しさと効果/潜在意識が見えない存在や色んな意味を教えてくれる
ペンデュラムは、使いこなせるようになると、とても役に立つ手段の一つになってくれます。パワーストーンとお話もできるし、未来や過去生、見えない存在のことまで知ることができます。ただ一つ注意点があるのですが、その気をつけるべき点とはい...

コメント