当サイトで紹介しているヒマラヤ水晶(ガネーシュヒマール産)の採掘風景

このページをシェア

石を発掘しているガネーシュヒマールの山

ヒマラヤ水晶は、とても過酷な自然の中に人が足を踏み入れて発掘されます。

車も通れない道のため、歩きで数日かけて現場へ向かい、食料の補給もとても大変です。

このサイトで紹介しているガネーシュヒマール産のヒマラヤ水晶は、どうやって発掘されているのでしょうか。

日本ではあまり知られていない、現場で実際に働いている人達の写真も含めてご紹介させていただいます。

ガネーシュヒマールでヒマラヤ水晶を採掘する過酷さ

ガネーシュヒマール産のヒマラヤ水晶を発掘するネパールの地元の人たちは、ガネーシュヒマールに登り、標高2000メートルくらいのところで2~3ヶ月間滞在し、水晶の発掘を行います。

ヒマラヤは、すごく足場が悪いため、車が使えません。

歩いて現場まで行き、そして、水晶を歩いて持ち帰るのです。

他の本当に大変な労働です。

場所によっては、石を持ちながら歩くのが危険な場所もあり、ヘリコプタをチャーターして石を運ばなければいけない場所もあります。

そういうこともあり、セドナやブラジルなどの水晶と比べると、労力の割に採れる数も少ないため、希少価値が高いのです。

水晶の発掘風景

大きな石を手でどかしているところ。↓

ヒマラヤ水晶を発掘している風景

水晶の発掘作業中↓

ヒマラヤ水晶を発掘している最中

水晶が生えているところ↓

ヒマラヤ水晶を遠くに発見

ヒマラヤ水晶が生えている

発掘現場の中

採れたての水晶はこんな感じ。↓

水晶採れたて

発掘現場と、休憩をされている皆さん。↓

発掘作業員、休憩中

水晶を発掘する人たちの寝泊まり

水晶の発掘は2~3ヶ月かけて一つの現場で行われるため、日帰りはできません。

そのため、現場近くにテントを張って、食事をしたり、寝泊まりをしています。

テントの近くで発掘した水晶を洗っているところ↓

テントに戻り、水晶を洗う

採れたての大きな水晶と一緒に記念撮影↓

テントの前でヒマラヤ水晶を持っているところ

石を発掘するメンバーのみなさん↓

ヒマラヤ水晶を発掘するメンバーの集合写真

テントの中でヒマラヤ水晶を持っている写真

今日の仕事はこれで終わり

水晶発掘をサポートする人々【3日かけて食事を届ける】

ガネーシュヒマールで水晶の発掘作業をする人たちは、2~3ヶ月の間、ずっと発掘場所で寝泊まりをしながら水晶を発掘しています。

そのため、発掘現場へ、食事や必要品を運ぶための人たちもいます。

現場まで食事を運んでいる風景↓

ガネーシュヒマールの発掘現場まで歩いて食事を運ぶ風景

車がなく、車があったとしても車では通れない道だったりするため、歩きで届けます。

おおよそ3日間ぐらいかかります。

水晶を発掘後は3日間かけて下山【水晶を町まで運ぶ】

2~3ヶ月かけて発掘した水晶は、カゴに乗せて歩きで持って帰ります。

下記の写真は、発掘作業が終わった後、発掘した水晶を町まで持って帰るところです。↓

採れたヒマラヤ水晶を背負ってガネーシュヒマールを降るところ

下山途中の休憩

ヒマラヤ水晶を背負ったまま、不安定な木の橋を渡るところ

水晶は石なのですごく重いのですが、それでも3日間歩いて町まで運びます。

そして、町まで運んでから、研磨した後で、日本に渡ってきます。

このページをシェア

フォローする