このページをシェア

エネルギー当てクイズ70の正解【大天使アズラエル(アズリエル)のエネルギー】

このページをシェア

この物質世界に住んでいる私達にとって時間とは何でしょうか?

今回、大天使アズラエルがエネルギーを流してくれるときにメッセージをくれたのですが、その時間のことについて教えてくれました。

アズラエルがくれたメッセージとはどのような内容だったのでしょうか?

この現実世界に生きている人すべてに必要な内容なのかもしれません。

大天使アズラエル(アズリエル)のエネルギー

4月25日に、第70回目となるエネルギー当てクイズをおこないました!

さて、今日はエネルギー当てクイズの第70回目です☆

回答者は、28名。

  1. 大天使ハニエルのエネルギー:0名。
  2. 大天使アズラエルのエネルギー:3名。
  3. 大天使チャミュエルのエネルギー:20名。
  4. 大天使サンダルフォンのエネルギー:5名。

正解者は、3名でした!

なぜか大天使チャミュエルと回答された方が大多数でしたね^^

でも、その中でも3名だけ大天使アズラエルと答えた方もいらっしゃったため、なんとなくそう感じる方もいるんだな~と思いました☆

正解された3名の方は、おめでとうございます!

不正解の方も、また次回ぜひ挑戦されてくださいね♪

エネルギーが決まった経緯

今回流すエネルギーも、天界系の誰かか、そうでないかでざっくりと調べてみていました。

メタさん
今回流すエネルギーは天界系の誰かですか?→「YES」

お!今日は、早い!

ちなみに、大天使の誰かですか?→「YES」

すんなり決まるね^^

さて、その大天使が誰なのか?だよね。

そこで、ネットを広げて、大天使の一覧のページを見てみました。

たくさんの名前が羅列されていたのですが、ふと、その中にはいない天使の名前が頭に浮かびました。

その名前が「アズリエル」です。

メタさん
あれ?

アズリエルって名前がないな~。

アズリエルって、いるよね。

そう思い、ネットを検索してみると「アズラエル」という名前で出てきました。

大天使アズラエルとは

メタさん
ふむふむ、アズリエルだと思っていたけど、アズラエルが一般的な呼び方で、アズライールって呼び方もあるのか。

誕生と死を司る天使。

死神みたいな役割をする天使なんだね。実際にそうなのかわからないけど。

ん?ここまで調べてみたからかな、なんだかこの天使っぽいぞ?

今回エネルギーを流すのは、大天使アズラエルですか?→「YES」

やっぱりか(゚д゚)!

こういう経緯があって、今回流すエネルギーが決まりました!

大天使アズラエルからのメッセージ

このページにも、【大天使アズラエルのエネルギー】が流れています。

ペンジュラムが出来る方は、エネルギー当てクイズ70のページに流れているエネルギーと、このページに流れているエネルギーが同じだということを確認してみてください。

ここで、大天使アズラエルからこのページを呼んでいる方々全員にメッセージあるようなので、お伝えしますね。

時間を心から大切に使ってください

大天使アズラエル
時間。

あなた達が意識するべきは、「時間」です。

時間を大切にしなさい。

時を過ごすのをもっと楽しみなさい。

あなたたちの肉体は、刻一刻と変化して行きます。

あなたたの肉体は、時間の制限があることをもう一度よく理解しなさい。

命はエネルギーとも言えます。

そのエネルギーは、肉体を離れても存在することができます。

ですが、そちらの世界の概念の命とは、その肉体でしょう?

肉体が動かなくなったら、物質を動かすことが機能しなくなるという概念があるのでしょう?

だったら、もっと時間を大切にしなさい。

その体は、砂時計が落ちるように、刻一刻と変化しています。

今その状態でいられることを心から大切にし、動けるときに動いてください。

私は、あなたたちの中にある概念としての命(肉体)を、大切に使うことを願っています。

見えない存在にも命は存在する?

アズラエルのメッセージをよくよく読んでみると、人間の命の概念は、確かに肉体です。

ですが、そのを返すと、目に見えない存在にも命というものが存在するのかもしれません。

神社の神様と呼ばれるエネルギー体は、その神社にお参りする人がいないと存在しなくなるということがあります。

つまり、そのエネルギー体の命の源は、人々の祈りであり、それもいつか尽きてしまうということなのかもしれません。

動けるうちに動こう!

話はズレましたが、アズラエルの言うように、肉体や体力には限界があります。

そして、それはイコール時間でもあります。

私ももう今年の12月で40才です。

バリバリ動けるのも、あと10年くらいです。

50才くらいからは、働き方を変えて行かないと体力も落ちてきます。

この過ぎゆく時間をどう大切に活用できるかで、人生は大きく変わるのかもしれません。

このページをシェア

フォローする

Facebookページ