心の闇の部分で発せられた無数に飛び交う意識に負けるな!

この記事は約2分で読めます。

心の中を不安にさせる報道やニュース、多いですよね。

心の中が不安になると、行動や思考にも影響して来ます。

行動や思考に影響が及ぶということは、その前の段階の、意識はすでに多大に発せられています。

 

つまり、心の状態が不安になるということは、闇の部分が大きくなり、その状態で多大に意識を発しています。

これが一人なら大したことは無いのですが、ニュースや報道がデレビから流れ、ネット上ではブログやYou TubeがSNSで拡散され、たくさんの人たちの心が不安におちいり「どうしよう…どうしよう…」となって意識を発しています。

で、どうにかできるか?というと、個人の力では結局どうにもならないんです。

どうにかできるのであれば、すでに行動を起せていて不安にならないような結果が出ていますからね。

結局どうにもできないから、心は不安なまま闇に傾いている状態が継続されているんです。

 

そして、その心の状態のまま、意識はどんどん発せられる。

その無数に飛び交う意識たちは、心が光の状態だった人たちにまで影響を与え、少しでも心にスキがあると、闇の意識に感化されます。

 

これはメタさんが、ウェルシークラスでのたくさんの人の心の中の闇を見て解決法を模索してきた経験があるからこそ言えることなのかもしれませんが、

興味本位で、闇を見てはいけません。

興味本位で、闇を触ってはいけません。

闇を見るなら、闇を触るなら、その闇を解決できるくらいの強い光の心を持っていないと、闇に負けてしまい、自分も闇に染まってしまいます。

 

だから、「わざわざ自分の心の中を不安にさせるニュースや報道、You TubeやSNSを見るな」ということが、去年の10月に降りて来たのかもしれません。

考えごと「闇に目を向けるな」
ある方からメッセージがありました。「闇に目を向けるな」ということ。光の力で闇を解決する時に、闇を見つけ出さないといけないのに、これはどういう意味なのか?と思い、詳しく聞いてみました。すると、「闇に目を向ける」ということは、「その...

 

闇に感化されないためには、闇の意識を相手にしないこと。

サラッと無視するのが一番です。

コメント