おー!厄年だったんだ!

この記事は約2分で読めます。

先日、大阪の行きつけの串屋さんで飲みながら常連さんと話しているときの話です。

「今いくつ?」って聞かれたので「今年42です」って答えたら、「厄年じゃん!」って言われました。

厄年だったの?と思い、調べてみたら、見事厄年でした↓

https://www.yakuyoke-yakubarai-jinja.com/blog/yakudoshi-man-chart-2021/

 

ちなみに、僕は、1979年生まれなので、数え年だと、令和3年は後厄ですね。

ということは、令和2年は本厄。

令和元年は前厄。

 

たしかにな~と思う部分もなんとなくありますが、「これで厄年の終わりか」と思えば、シンドかったことは一つ二つくらいだったかなと。

その一つが、コロナが要因でしたが、コロナはみんな大打撃を受けていますから、「厄年だからコロナで大打撃」ということだったら、みんな厄年ですね^^

これが人生の最低ラインだと思うと、「大したこと無いじゃん!」って感じです♪

 

厄年に、あまり敏感になりすぎるのも良くないのかな?と思います。

「厄年がある」という概念の世界の中にいる人は、厄払いに行かなければ本当に悪いことが立て続けで起きてしまうのかもしれませんが、僕は「厄年がある」ということすら忘れていたので、厄払いは行っていません。

厄払いに行っていなくても、このくらいで済んでいるので、多分「厄年がある」という概念の中に住まなければ、人生の中の普通の出来事に過ぎないのかなと思います!

コメント