中学校の時の悩みは大人になっても解決できない?

この記事は約2分で読めます。

先日のウェルシークラスで、「中学校のときって、なんであんなに悩み事が多かったんだろうね~」といいう話になりました。

中学生の時って、中二病という言葉があるくらい、自分の理想が頭の中でグルグルしてしまう時期でもあります。

それくらい、理想と現実にギャップがある時期で、そのギャップに苦しむ時期でもあるのかなと思います。

 

そこで、何か一番の悩みだったか?というと、だいたい人が、「人間関係やコミュニケーション」なんですよね。

  • 友達からいじられる
  • 同級生から陰口を言われる
  • 思ったことを発言したら思ったような反応が得られない
  • なぜだか自分に自信が無い
  • 自分を作らないと、学校に行けない
  • 思ったようにやりたいけど、思ったようにいかない

こんな悩みがあります。

 

メタさんも中学校の頃は、同じような悩みがありました。

ですが、40歳になった今「もう一回、中学校をやり直してみろ」と言われたら、多分同じ悩みは生まれません。

 

ですが、先日のウェルシークラスでは、「もう一回、中学校をやり直してみろ」と言われたら、「また同じ悩みを抱えてしまう」という方もおられます。

つまり、同じ悩みを持ってしまうということは、13~15歳の頃にぶつかった壁を、30~40歳になっても乗り越えておらず、今でも一つの悩みとして自分の中に残っている状態です。

 

さて、自分の悩みの種は、いったい何だったのでしょう?

自分の理想を打ち砕いた周りに原因があるのか。

それとも、理想と現実とのギャップに苦しんだ自分の中に原因があるのか。

30~40歳になっても、50歳になっても、まだ間に合います。

中学の時の悩みを解決してみましょう。

コメント