ライトワーカーの仕事をなめるな

この記事は約2分で読めます。

 

人の心の光を広げるためには、どうすれば良いか必死で考えろ。

どうすれば、心の中が不安でいっぱいの人に対して、立ち直れるように導いてあげられるか、もっと真剣に考えろ。

 

遊びじゃないんだぞ。

ヘラヘラして、ただふざけて楽しいのがライトワーカーの仕事じゃない。

真剣さの中にある笑顔と、ふざけたニヤけづらの差も、自分で理解できないのか。

 

一回の仕事は、人を導くために与えられたチャンスだ。

その一回で、相手の人生が大きく変わるきっかけを作るくらいのことをやってみろ。

 

ボランティアでも良い、低価格でも良い。

ただ、「安くしますからあまり期待しないでね」みたいな、ふざけた仕事はするんじゃねぇ。

身銭をたくさん切って、それで精一杯の良い仕事ができるなら、それをどんどんやっていけばいい。

相手の心の状態によっては、その仕事をそんな簡単に手に入らないくらいのものにする必要があるのであれば、高い料金を設定しても良い。

どの方法が、自分のライトワーカーとしての真剣な仕事ができるか、一人ひとりに対しての心を強い状態に導けるか、もっともっと真剣に考えろ。

 

考えがまとまらなかったら、迷わずグループチャットで聞け。

厳しく感じる叱咤激励が飛んでくるかもしれないけど、間違いなく、みんな応援している。

そのための上位クラスだろう。

コメント