理想と現実のギャップで滅入ってしまうとき

この記事は約2分で読めます。

理想どおりにいかない時って、ありますよね。

そして、理想が高すぎて、現実とのギャップに苦しむことって、本当に良くあります。

先日書いた、中学校のときなんか、ほぼそれが原因で自分の中の悩みは作られます↓

中学校の時の悩みは大人になっても解決できない?
先日のウェルシークラスで、「中学校のときって、なんであんなに悩み事が多かったんだろうね~」といいう話になりました。 中学生の時って、中二病という言葉があるくらい、自分の理想が頭の中でグルグルしてしまう時期でもあります。 それくら...

 

では、理想と現実とのギャップに苦しまないためには、いったいどうすれば良いか?ですが、

一般的に言われていることで言うと、

  • 理想に近づけるように一生懸命努力をすること
  • 大きな欲を持たず、今でじゅうぶん幸せだと実感すること

という2つのパターンかもしれません。

メタさん的には、どちらも必要かなと思います。

 

ですが、絶妙な力の入れ具合も必要だと感じます。

例えば、「理想に近づけるように一生懸命努力をすること」は大切なのですが、16歳の時点で「今すぐ20歳になりたい」というのは明らかに無理な話なので、その明らかに無理な理想を追求すると、理想が叶わないことに落胆をしてしまいます。

なので「大きな欲を持たず、今でじゅうぶん幸せだと実感すること」は大切なのですが、何の努力もしないとなると、現実が動かず、不自由なままです。

なので、持つ理想も、努力も、力の入れ具合がとても重要になってくると感じます。

 

理想を持つ時は、今日中か、明日中に叶えられる事柄に絞って持つと、自分の努力によって叶いやすくなるかもしれません。

自分の身の丈にあった努力で叶う理想、「身の程を知ること」ができていると、これが可能です。

 

つまり、理想と現実とのギャップに苦しまないためには、「身の程を知り、身の丈にあった努力をして叶えられる理想を持つこと」が重要なんですね。

その叶えられる事柄は、小さくても大丈夫。

小さな夢を叶えて行くことで、結果的に大きな事が成し遂げられることも、じゅうぶんあり得ることですから^^

コメント