理想どおりにいかないことなんてたくさんある/だからと行って挑戦する心を閉ざさないことが大事

この記事は約2分で読めます。

失敗することがトラウマになってしまい、その後、挑戦する心を閉ざしてしまうことって、よくある話ですよね。

ですが、トラウマになる原理原則があって、失敗がトラウマにならない人もいます。

失敗がトラウマになってしまう時って

  • こっぴどく痛い目にあった時
  • 心に傷が付くくらいの出来事が起きてしてしまった時

なのですが、それを実感したのは、紛れもなく自分自身です。

 

なぜ痛い目に合うことや、心に傷がついてしまう出来事を実感してしまうのか?

それは、

  • 「失敗することは良くないこと」
  • 「失敗をすることは悲劇(不幸なこと)」

という思い込みがあるからです。

つまり、受け取り方が、自分を傷つけてしまう受け取り方をしているんですね。

 

失敗したら、次回失敗しないようにすればいいだけ。

同じような失敗する前に、「おっとっと」と気づいて、進む前に回避すればいいだけ。

失敗に関して思うことは、たったこれだけで良いんです。

 

世の中には、そもそも失敗を失敗と捉えず、同じ失敗を何回繰り返しても傷つかないタフな人もいます。

そういう人は、失敗がトラウマになるなんてことは、100%ありません。

だって、失敗に関して「蚊に刺されてかゆいな~」くらいにしか捉えていないんですから。

 

タフといえば、先日のエネルギー当てクイズ117で、同じようなことをタイタンが言っていましたね^^

「トラウマなんてのは、気のせいだ」と。

エネルギー当てクイズ117の正解【タイタンのエネルギー】
今回のエネルギーを流してくれた天界の神様「タイタン」 タイタンは、「やられたら10倍返し」という言葉と、強靭な心を養うことの大切さを伝えに来てくれました。 そして、「かすり傷(インナーチャイルドやトラウマ、恐怖や不安)な...

コメント