「ライトワーカーが難しい…」というのは錯覚。本当に難しいのは自分で仕事を作って集客して食べて行くこと。

この記事は約2分で読めます。

ウェルシー上位クラスにいる人たちは、光の感覚を広げるお仕事をして行こうとされています。

光を広げるためには、

  1. まずは、自分自身の心が光の状態を保てるようになること。
  2. そして、人の心が闇の状態に傾いているのを、光の方へ導いてあげられること。

この2つが可能になれば、光の感覚を広げる仕事ができます。

※ウェルシークラスでおこなっているのは、この2つです。

 

ですが、上位クラスの人は、

  • ライトワーカーの仕事がすごく難しい…
  • ライトワーカーになるのはすごく過酷な道だ…

と感じている方も数名おられると思います。

※もちろん光を広げる仕事を楽しんでやっている人もいます。

 

ですが、それは本当のところは間違った認識です。

ライトワーカーが難しいのではなく、個人事業主で食べて行くことが難しいのです。

 

そもそも、上位クラスにいる人たちは、個人事業主をやったことが無い人がほとんど。

自分で価値を作り上げ、この価値を提供している事実をたくさんの人に知ってもらわなければいけません。

つまり、お客様に来てもらうためには、集客をしなければいけません。

 

ということは、光を広げるお仕事以前に、個人事業主としてレベルを上げていかなければいけないと感じています。

今はただ、「個人事業主として食べて行く経験値」+「光の感覚を広げる職種」がミックスされているから、イコールとしてライトワーカーが難しいになっているだけなんですね。

自分のオリジナリティの価値を作ることができて、自分で集客ができれば、「光の感覚を広げる職種」で食べて行くことは可能なのです。

 

だから、誤解をしてはダメ。

仕事が来ないのは、ただただ個人事業主として食べて行く事が未熟だということ。

これに尽きます。

 

ウェルシークラスでは、個人事業主としてのレベルアップの訓練はやっていません。

だからこそ、各自オリジナルの方法でも良いので、個人事業主として成り立たせて行く経験を積んでいかなければいけません。

そして、いつの間にか自分たちの中に存在してしまっている「ライトワーカーは難しい…」という概念をぶっ壊していく必要があります。

個人で食べて行く経験値さえあれば、何も難しいことなんてありません^^

「ライトワーカー難しい…」という概念をぶっ壊すために、しっかり「個人事業主として食べて行く」というレベルを上げて行きましょう。

コメント