このページをシェア

考えごと「愛は見えないもの」

このページをシェア

闇(欲や弱さ)は表に出やすく現実化しやすいのだけれど、心の中に密かにある光が闇を調節しています。

だから、欲がほとんどない愛の形は、なかなか人の目には見えません。

だからと言って、「私は愛があるわよ。だから受け取って。」と口に出してしまうと、その愛は相手にとってとても軽く感じたりします。

愛を伝えることは、非常に難しいことです。

だけど、愛は平等にみんなの中にあります。

だから、愛は見つけようとしないと見つかりません。

「愛を証明して」と言う人もいるかもしれません。

ですが、愛なんて口で証明できるものではありません。

口で証明しようとすればするほど、その人の光の中にある闇(欲)があらわになります。

なぜなら、愛とは光の中に必要最低限の欲を入れることで、愛の形はいかようにでも変わるからです。

光の中に入る欲の分量が多ければ多いほど、それは愛と言う名の凶器にも変わります。

アニメ「ワンピース」の中で出てくる青キジ・グザンが言ったセリフがありました。

「正義なんてのは立場によって形を変える」

もしかしたら、愛も、立場やその人の持つ欲によって、人に希望を与える光にもなるし、人に絶望を与える凶器にもなり得るのかもしれません。

光の中に混ざる欲が少なければ少ないほど、愛を見せつけたり、押しつけたりはできません。

光の中に混ざる欲の分量と質、間違えないようにして行きたいですね。

※お知らせ

明日から名古屋出張です☆

11/9(土)と11/10(日)、若干時間の空きがありますので、スピリチュアルお茶会がご希望の方は、お申込みください☆

ペンジュラムセミナー、エネルギーワークセミナーも、お席に空きがあります。

お申し込みはこちらから。

このページをシェア

フォローする

Facebookページ