このページをシェア

考えごと「この天界のグループの意志を引き継ぐサポーターが現れるのを待つ」

このページをシェア

このスピリチュアルスクールでスピリチュアルの仕事をやる手引きをしている人たちに伝えているのは、

「初動、この手引きというジャンプ台は準備するから、あとは自分の足腰を使って思いっきりジャンプして欲しい。」

ということ。

そして、「僕やコールさんをビュンと超えて欲しい」ということも伝えています。

こう伝えている理由は、天界の仕事は一人二人ではできないからです。

色んな人と連携を取り合って進んでいかなければ、大きく物事を動かすことができません。

サポーターというのは、サポートされる側よりも強力でなければサポートできません。

今は、僕やコールさんがサポーターという立ち位置。

だけど、このサポートされる状態がいつまでも続くのは、進歩が無い、成長が無いということ。

だから、超えて欲しい。

そして、僕やコールさんよりも強力になり、逆に僕やコールさんをサポートするくらいになって欲しい。

そうやって天使達の意識は引き継がれ、サポートし、サポートされ、連携を取り、その連携を取るグループの力が増して行く。

僕は、コールさんから天使達の意志を引き継ぎ、そしてコールさんをサポートするようになった。

僕の意志を引き継ぎ、僕をサポートするくらい強力な者が、いつかきっと現れると信じている。

天界という次元は、その意志を引き継ぐために動く者に、誰かをサポートする大きな力を与える(上が強力にその人をサポートをする)のかもしれない。

引き出される大きな力というのは、

  • 自分のために使うのか
  • どこの次元のために使うのか

で、大きく変わってくると思う。

このページをシェア

フォローする

Facebookページ