パスポートの更新月の翌月がネパールに行く予定月だった/10年前のメタさんの写真

この記事は約2分で読めます。

先日、2021年の3月くらいにネパールに行きたいという記事を書きました。

ネパールに行きたい、ガネーシュヒマールに行きたい。言葉の壁をどうやって壊して行くか。
ネパールに行きたい、ガネーシュヒマールの麓の村に行ってみたい。 そう思い立ったので、来年の3月に一週間ほどネパールに行こうと思います。 もちろん一人で。 ネパール語は、もちろん喋れません。 ネパールに知り合い...

 

その時、ふとパスポートが気になったので見てみると、2011年2月14日にパスポートを作っていました。

※こちらが10年前のメタさん(笑)↓

 

そして、有効期限が2021年2月14日までということで、ネパールに行くためにはそろそろ更新しなければいけません。

写真も、変わります。

ちょっと太り、ちょっとおじさんになったメタさんの写真になります(笑)

ですが、一番変わったのは中身。

中身は写真には撮れませんね。

 

31歳のメタさん。

ちょうど音楽を辞めた年でもあり、「どうやって借金を返そうか…」と模索していた年でもありました。

10年前のメタさんは、今の上位クラスに参加している人達の足元にも及ばないような心の状態でした。

そこから、よくここまでたどり着いたな…と。。

なんか、10年間に色々なことがありすぎて、感慨深いものがありますね^^

 

人は、必死に変わろうという思いと行動力さえあれば、10年で見違えるほど変わります。

50歳になっても、60歳になっても、70歳になっても、きっと変わることができます。

より自由度は高くなることができます。

この10年で、そのことをすごく実感しています。

コメント