大阪サロンを使うメンバー全員が、気づかなければいけないこと。

この記事は約3分で読めます。

先日は、大阪上位ウェルシークラスでした。

ウェルシークラスが終わったあと、みんなでご飯を食べに行ったのですが、その時に、ある方が

「みんな気づかないといけないことがある」

ということで、ご飯を食べている最中、ずっとリーディングをしていました。

 

まずは、僕のリーディング

多分、ゼウスが言っているような感覚がしたのですが、

「すべては大阪から始まったことを忘れるな。大阪のメンバー一人ひとりに感謝しろよ。一人ひとりが必死に動いて来なければ今が無かった。そのことを忘れるなよ。」

ということ。

みんながみんなに対して感謝や敬意の気持ちを持つことで、大阪サロンの結束が固まり、一人ひとりがパワーアップするような感覚がしました。

これが、僕がリーディングした、一人ひとりが気づかないといけないことでした。

 

そして、「次に音心さんがリーディングする」と出たので、音心さんにも、一人ひとりが気づかないといけないことをリーディングしてもらいました。

すると、「一致団結。」ということでした。

一人ひとり個々で頑張っているんだけど、向かう方向性はみんな同じ。

大きな船に、みんなが乗っていて、一人ひとりがオールを持って漕いでいるのですが、一人ひとりの全力が大きな力になり、大きな船を前進させるような、そんな感覚

すごく力がみなぎってくる感覚あったということでした。

 

そして、「次にウィナさんがリーディングする」と出たので、ウィナさんにも、一人ひとりが気づかないといけないことをリーディングしてもらいました。

すると、女神が、一人ひとりに王冠をかぶせているのが見えたということ。

王冠は、民を導く役割の象徴。

そして、セーラームーンのような、一人ひとり違う色の服を来ているイメージが見えたということでした。

メッセージとしては、「一人ひとりのカラーを出して、人を導くために人生を捧げることを誓うこと」ということでした。

 

そして「次は、こころさんがリーディングする」と出たので、こころさんにも、一人ひとりが気づかないといけないことをリーディングしてもらいました。

すると、「大阪サロンのメンバーは、これまで先陣を切って走ってきた。誰もやらないことを真っ先にやってきたから、後が着いて来やすかった。これからも、先陣を切って大きなことをやって行く。一人では絶対にできないこと、誰もできないことを、連携を取ってやって行く」

ということでした。

 

そして「次は、エニさんがリーディングする」と出たので、エニさんにも、一人ひとりが気づかないといけないことをリーディングしてもらいました。

メッセージとしては、「一挙手一投足(やることなすこと)が目立つようになる。一つひとつの発言や行動が、周りに影響を与えやすくなる。もう自信を持ってやっても良い時期になったから、自分にも自信を持ち、周りにも自信を与えて行け。」

ということでした。

 

そして「最後は、ルナさんがリーディングする」と出たので、ルナさんにも、一人ひとりが気づかないといけないことをリーディングしてもらいました。

最初に出てきた言葉は、「やるぞ!」

その意味は、みんなこれから新しい何かを初めて行く流れが来ている。

それに対して、思い切りやるぞ!ということでした。

 

その後は、それぞれの行き先を決めたのですが、それは一人ひとりの心の中でしっかり持てていれば大丈夫。

今回リーディングした「みんなが気づかなければいけないこと」の内容は、忘れないように、ここに記しておきたいと思います。

コメント