まず自分が変わる実体験をする事が大事!ノウハウコレクターにならないように気をつけよう

この記事は約2分で読めます。

ウェルシークラスでは、メタさんが日々研究や実験(実体験)を重ねた、たくさんの情報を共有しています。

その中で、色んなテクニックなどもシェアしています。

 

ですが、その中で、「実践はしたくないけど、やり方だけ学びたい」という人もいます。

ですが、やり方だけ学んでも、本人が「そのやり方で変わった」という実体験ができていないため、何の効果も無いのです。

まったく効果の無い情報を持っている状態、これをノウハウコレクターと言います。

 

実は、2年くらい前は、かなりそういう方が来られていたように感じます。

「変わらなければいけない部分に本気で向き合いたくはない。簡単に変われる方法だけ知りたい。」

これって、怠惰の闇なんですよね。

怠惰の闇が発動すると、真剣になる事、ひたむきになる事(光の感覚)が損をしているように思え、楽をできる事(怠惰)こそが得をしているような感覚になります。

 

怠惰の闇が発動すると、簡単に変われる方法しか選ばないため、本気になれる人と比べると、ほとんど変化がありません。

ノウハウコレクターは、ノウハウだけ知って出来た気になっているタイプの人を指すのですが、ライトワーカーとして人に伝え人を導くためには、自分が体験して腑に落ちていないと人に伝えられません。

腑に落とすためには、自分で実践して「これで合っているのかどうか、違う方向に進んでいないかどうか」しっかりクリア出来ているかを確認してもらい、実体験としてそのレベルまで行き着く際に、どういうステップを踏まなければいけないか?が、体の細胞レベル、無意識レベルで理解することが大切です。

 

ライトワーカーになるためには、ノウハウコレクターに留まることなく、まずは「自分が変わる」という実体験をどんどん重ねていくことが重要です^^

コメント