厄介な闇が大きくなりがちな数週間/光の流れとは逆行する流れに気をつけて

この記事は約2分で読めます。

先月末から、少しだけ厄介な事が起こっています。

それは、書き換えた部分のデータが復活してしまい、現在(表層意識)の行動や思考や感情に反映されている傾向のある人が、ちらほらいます。

 

以前「光の流れが太くなってきた」と書きました↓

光の流れが太くなってきた今、勇気ある者はその流れに乗って光の仕事にまい進せよ
ここ一ヶ月くらい、光の流れが太くなって来ているような感じがします。 もちろん、その光の流れと逆行する闇の流れもあるので、じゅうぶんに注意が必要なのですが、この光の流れに乗り、光の仕事をすると、大きく成長できる人がポツポツと出て来そうな...

 

ですが注意として、光の流れとは逆行する闇の流れもあります。

闇の流れに乗ってしまうと、乗り越えたはずの厄介な自分の中のデータが復活し、現在の動きに影響を与えます。

だから、自分の心に気をつけて。

 

光の流れとは逆行する流れに触れてしまっても、データが復活したとしても、自分の弱さに負けなければ、必ずまた光の流れに戻って来ることができます。

ただ、闇の感覚で光の方に向かうと、とても苦しいです。。

苦行のように感じてしまうこともあるでしょう。。

 

ですが、闇の力とはそういうものです。

「光の方へ向かうことは苦しみをともなうこと」「いばらの道」だと感じさせます。

 

これは、上位クラスの人達への注意喚起でもあります。

もう一度、自分の心の中の闇に負けていないか確認しながら進んで行ってください。

そして、もし闇があったら、上位ウェルシーの際に報告して、情報共有してください。

 

「言わなければわからないでしょう」と思い、闇を隠して進むことが、一番危険です。

さらに光の流れを太くするには、情報共有することが大切です。

コメント