一般的概念ではない無形資産(新な光を産み出すための宝物)を大きく育てて行くことが大事

この記事は約2分で読めます。

資産の中には、有形資産無形資産があります。

有形資産をかんたんに例えると、不動産や株、会社の道具など。

無形資産は、資格や知識や経験、人脈など。

 

資産を「新な利益を生むための財産」と考えると、こういう感じなのですが、もっと違う角度から見ると、資産というものは、「新な価値を作りあげるための宝物」みたいなものです。

 

そして、新な価値作り上げる事を「=光を広げて行ける事」とするならば、一般的な資産とはまったく異なってきます。

メタさんの中で、新な光を広げる無形資産は、ウェルシー上位クラスです。

 

この上位クラスは、ライトワーカーになるために、たくさんの人がひたむきになれる場所です。

ここがあるから、新な才能を持ったライトワーカーが育って行きます。

そして、いずれはメタさんを超えて行き、たくさんの人を光の方向へ導き、さらにライトワーカーが育つ仕組みが出来上がっています。

 

メタさんは、天界系ライトワーカーとして、このライトワーカーが育つ環境作りを一番大切にして来ました。

ここに有限である命(時間・意識・体力・お金などのエネルギー)を費やしています。

でも、なぜ自分がそういうふうに必死になれるのか、理由がわかりませんでした。

ですが最近、ようやくこれが一般的概念ではない無形資産(新な光を産み出すための宝物)であることに気が付きました。

 

さて、これからライトワーカーとしてお仕事をして行く人は、まだ実感はないと思いますが、どんな人にもこの一般的概念ではない無形資産(新な光を産み出すための宝物)はあります。

それは、家族や友人、人脈のような一般的に言われている無形資産ものではなく、もっと違うものです。

そこに気づくか気づかないか。

それを大切に育てていくか、「不必要なもの」として捨てるのか。

あなたにとっての、無形資産(新な光を産み出すための宝物)は何ですか?

コメント