「苦しい」と思ってしまいがちな時こそ「遊び心」が大切

この記事は約1分で読めます。

以前のブログに書いたことがあるのですが、天界の神様達の遊びは、中途半端な遊びはしません。

本気の遊びです。

「めんどくさいからやーめた」という中途半端なことはしません。

徹底的に、真剣に、遊びます。

それでいうと、神様達にとっては、光と闇の戦いさえも遊び心の感覚なのかもしれません。

 

闇の感覚の時に、光の道へ進む時は、すごく大変です。

執着も捨てなければいけないし、どんどん変化も起していかなければいけません。

なので、とても絶えられないような修行の感覚におちいることがあります。

 

ですが、執着を捨てることも、どんどん変化して行くことも、遊び心でおこなえば、未開の地に冒険を市に行くような感覚で行動できるので、変化を心から楽しむことができます。

逆に遊び心が無い冒険は、ただの苦しい修行になってしまいます。

 

「楽しむ」というのは、楽をすることではありません。

本気の遊び心で、脇芽もふらず真剣に行動をしている状態です。

この「遊び心」が、素晴らしい実現化を作り上げるエネルギー源なんですね。

ぜひ、しっかりこの燃料(遊び心)を満タンにして、行動をおこしてみてください^^

コメント