提供しているサービスのヒントは、すべて困難に直面した時から生まれた

この記事は約2分で読めます。

実は、今僕がおこなっているメニューが生まれるヒントは、困難な出来事がきっかけで生まれたものがほとんどです。

 

ヒマラヤ水晶にこだわって販売しているのも、実は、以前やっていた事業が上手くいかなくなった時に、パワーストーンとして来てくれたことがきっかけです。

ガネーシュヒマールの水晶は、明らかに他の石とは違いました。

透き通った空気感と、強い浄化力。

「もう何をやってもダメだ…」と落ち込んでいた僕の感性や感覚に、大きく変化を与えてくれたのが、ガネーシュヒマール産のヒマラヤ水晶でした。

 

そして、オーダーブレスレットも、「メタさんに作って欲しいんです。他の人じゃダメなんです。」と言われ、最初は原石のみに特化したくてお断りしたのですが、再度「どうしてもお願いしますよ~」と言われ、それがきっかけでオーダーブレスレットを作るようになりました。

 

そして、時々入っている仕事が、6時間パーソナルセッション。

これも、生まれたきっかけは、お客様に「レイキセミナーを受けたいけど、家系の呪いを解くのをメインでやって欲しい」という無理難題を突きつけられた事がきっかけでした。

「レイキセミナーがメインなのに、他のことに時間を割きすぎる事はできないよ~」と思い悩み、「では6時間のパーソナルセッション、通常18万円になるのですが、レイキセミナーと同じ14万円でいかがでしょうか?」という提案をしたことがきっかけです。

そして、その6時間パーソナルセッションが、ライトワークセミナーの種となりました。

 

困難に直面した時、その出来事を良い方向に転じることができれば、困難は光の種(きっかけ)に変化します。

それが心の中にある光の力です。

一見、不運に見えること、理不尽に思えること、未来に絶望しそうな出来事など、それらを光の種(きかけ)に変えることができるのは、自分自身の光の力なんですね。

 

で、この記事を書いたのには理由があります。(実は、次なる困難に直面しています)

その内容を、次回、有料ブログで書いてみようと思います。

コメント