心が無い人(自分を持たない人)は、宇宙系に思考と感情をコントロールされやすい状態になっている

この記事は約1分で読めます。

心の事をやっていると、心の中に闇の部分(弱さに負けてしまう部分)があると、その部分に付け入って悪魔と契約してしまうことがあります。

というのは、自分の意志の根底みたいなものです。

つまり、心の中の光も闇も、自分の意志として出てくるものです。

 

ですが、中には心が無い人がいます。

「心が無い人」というのは、「情が無い」ということではなく、「自分というものを持っていない」ということです。

 

自分を持っていない人は、宇宙系に思考をコントロールされやすい傾向にあります。

宇宙系に思考をコントロールされると、感情を使われます。

なぜだか、感情がグラグラしてしまいます。

つまり、心が無い(自分を持っていない)からといって、感情が動かないということでは無いんですよね。

 

心が無くても(自分を持っていなくても)、感情の上がり下がりがある。

これが、「情緒不安定」というやつなのかもしれません。

情緒不安定な人は、まずは、心を育むことからやって行くと良いのかもしれません。

コメント