限りがあるからこそ、与えられたチャンスに感謝できる。「ありがたい」と思える

この記事は約2分で読めます。

誰にでもチャンスは与えられています。

平等に。

ですが、その与えられたチャンスに対して、心の中の光の認識で受け取るか、心の中の闇の認識で受け取るかで、そのチャンスを活かせるかどうかが決まってきます。

 

闇の認識は、与えられたチャンスに対して

面倒くさければ、「なんでこんなことやんなくちゃいけないんだ」と思うでしょうし、

自分にとって都合が良い事は「一生このままでいたい。手放したくない。」と思うでしょう。

 

ですが、光の認識は違います。

自分がその時に出来ないことだとしても、なかなか無いことだからこそ、通常有り得ないことが起こっているからこそ、「大切にしよう。活かそう。」と思えます。

恵まれた出来事が起こったとしても、「ずっとこの時間が続くわけではない。いつかは無くなってしまうかもしれない。これを当たり前だと思わず、このステージが終わった次に向けての準備をしよう。」と思えます。

 

今、上位クラスでは、月に数回、相談会をおこなっています。

月に数回も、誰かに相談できる機会は、通常ウェルシークラスでは有り得ない環境です。

そして、相談会のホスト役に抜擢されることも、大きな成長へと繋がります。

その成長できる機会であるホスト役は順番制となり、ある人は半年後、ある人は数年待ちの状態です。

数年に一度あるか無いかの、有り得ないことが起こっています。

 

それを、闇の認識で受け取りそのチャンスを殺すのか、光の認識で受け取りそのチャンスを活かすのかで、それによってその後の人生は大きく変わるでしょう。

そして、一番大事なのは、「どんなことにも限りがある」ということ。

ずっとは続かない。

 

  • 人の命も
  • 体力も
  • 時間も
  • 蓄えたお金も
  • 恋人関係も
  • 結婚生活も
  • 育児も
  • この国での生活も
  • 地球での生活も

これらすべては、もしかしたら、天から与えられたチャンスなのかもしれない。

これらを

  • 「あって当たり前。そしてずっと続くはずのもの。」と思うのか
  • 「この有り得ないチャンスを活かそう」と思うのか

あなたは、どちら側の人間ですか?

コメント