地獄の思考と天界の思考/感覚、感性を天界のレベルに自分が寄せて行くことが重要

この記事は約2分で読めます。

先日のウェルシークラスでの出来事です。

ある方が地獄の次元にいるときの感覚を教えてくれました。

参加者の方
地獄にいる時、なんか、どうしたら良いかわからないんですよね。

頭も働かないし、なぜこんなふうになっちゃったのかもわからないし。

ここから抜け出したいんだけど、これからどうしたらいいかもわからない。

 

これって実は、かなり多くの人がこの心境に陥る事があるように思います。

一回地獄に落ちてしまうと、希望さえ見えなくなり、原因を見つけようという思考にもならず、根本的な部分を解決しようという気持ちにもならないんですね。

これが地獄の波動。

 

ですが、天界の波動は違います。

常に、希望を見出して、不自由な部分になっている部分の原因を見つけようとするし、根本的な原因を解決しようと動きます。

 

ですが、地獄の次元にいると、どうしても天界の次元の感覚には戻れないんですね。

なぜなら、そういう世界だから。

そういう世界に住むということは、そういう波動に馴染んでしまうから。

 

だからこそ、常に、感性・感覚を天界に合わせて、「どうにか原因を見つけて、どうにか対処する」という気持ちを持つことが大切です。

常に、この天界の感覚・感性で生きることができるようになると、その感覚を人に伝えて行くことができます。

こういうふうに、「自分が出来ている上で、人にも上手く伝えて行ける」になると、導き手のレベルまで達しているということが言えるのかもしれません。

 

ウェルシー上位クラスにいる方は、自分自身が、感性・感覚を天界に合わせて、「どうにか原因を見つけて、どうにか対処する」という気持ちを持って日常を送れるようになることをベース(基本)として、良い導き手になれるように訓練して行きましょう^^

コメント