自分の中に蓄積している闇の意識に体を支配されている状態

この記事は約2分で読めます。

先日、クリスマス会で久しぶりにお客様にOリングテストをしました。

すると、何を聞いてもOリングが開いてしまう状態の人が2名ほどおられました。

そこで、その方の闇の意識にアクセスをして、闇にとって嫌なことを聞いてみました。

すると、めちゃくちゃ力強くOリングがYESと出ました。

 

これって実は、闇の意識に生身の体を操り人形のように操られている状態なんですね。

エネルギーワークをやって、そのエネルギーが直接現実化に結びつくことはありませんが、闇の影響を受けて体や脳を使われてしまうことは、一番闇のエネルギーが現実化してしまう可能性が高い状態と言えます。

 

これを止めるためには、表層意識がどの無意識の動きを優先するか?が重要です。

自分の闇に体や脳を支配されてしまっているとき、闇の実現化をしないために、自分自身がその状態になってしまっていることにいち早く気づかなければいけません。

そして、一度体や脳の力を抜くこと。

つまり、ゼロに戻すこと。

 

闇の自分は、この体を使って思い通りにやりたいのです。

ですが、その闇の自分が「なんだよ、この身体、思い通りに動かねえな…」と思えるくらいまで脱力すること。

操り人形の糸を切ってしまうこと。

でも、闇の自分から身体や脳を操られてしまっている人からすると、その糸を切ることが一番むずかしい課題かもしれません。

コメント