表層意識の裏の顔/心の一部に表の人格と真反対の事を言う人格がいる?!…

この記事は約2分で読めます。

これは、ウェルシークラスにいる人の数人に同じような状態が見えます。

傾向としては、表層意識が強い人で、なおかつ急に真反対のことを言葉にする人です。

 

  • 潜在意識の自分
  • 細胞の自分
  • DNAの自分
  • 未来の自分

などの無意識レベルに蓄積している意識ではなく、表層意識のレベルでいくつかの人格がある人がいます。

その人格は、「お金のことなんて気にせずに上位クラスに行きたい」と言ったり、「お金のことが心配だから上位クラスには行きたくない」と言ったり、真反対のことを表層意識で普通に言ってしまうのです。

これを、先日命名したのですが、表層意識の裏の顔と命名しました。

 

これは、表層意識(今を感じている自分自身)と密接に連動している心の中に一部に、とても自分とは思えない自分が存在していたりします。

ある方のその部分を見て行くと、「ネガティブ思考でいっぱいの闇の人格が本来の自分で、いつもニコニコしているポジティブで謙虚で真面目な自分が後で作られた人格」だということも判明しました。

この場合は、ネガティブ思考でいっぱいの本来の自分の方が改心することで、作られた良い方の人格が壊れて無になり、ようやく本来の人格(表層意識の裏の顔)が表に出ることができます。

 

いや~、心の中って不思議ですよね。

ですが、やはり原因は「心が苦しいこと」が発端で、その苦しむ原因を探り、なぜそういうふうに苦しくなってしまったのか?を腑に落とし、自分自身が改心することで解決できます。

結局は、その心の苦しさは、自分自身が作り出しているんですね。

 

こうやって、お客様が抱えている問題ごとを解決して行けば行くほど、メタさんもレベルアップしていけます。

そうなることで、似たような問題ごとを抱えている人に対して、問題解決をしやすくなります。

もっともっと真剣に仕事に取り組んで、人の心の苦しい部分を軽くして行きたいです☆

コメント