【熊野でのミッション第2話】熊野本宮大社と大斎原でおこなった天界のミッション/龍が浄化を手伝ってくれた

この記事は約6分で読めます。

さて、いよいよ熊野に入ります。

まず向かったのは熊野三山の一つ、熊野本宮大社と、旧社地「大斎原(おおゆのはら)」。

コールさんは熊野本宮大社、メタさんは大斎原でミッションをおこないました。

そこでどういったミッションをおこなったのでしょうか?

熊野本宮大社と大斎原

先日のお話の続きになります↓

【熊野でのミッション第1話】天界からのお知らせ「コールさんを連れて熊野三山に向かえ!」
今までも、天界のミッションとして色んなところに行ってきました。 人と行くのは、3~4回くらいお客さんと一緒に行ったのですが、今回は初めてコールさんと行ってきました。 今回は、なぜか「コールさんを連れて熊野に行け」というざ...

 

まず向かったのは、熊野本宮大社です。

ここで何かやらなければいけないということなのですが、天界はまったく事前にお知らせをくれず。。

なので、熊野本宮大社の中に入ってから、リーディングをしてみました。

 

熊野本宮大社

名前
メタさん

さて、ここで何をやるんでしょうかね。

ちょっとリーディングしてみますね。

…(リーディング中)

う~ん、本宮というよりも、大斎原(もともと本宮が鎮座していた場所)で何かやることがあると出るんですが、どうでしょうか?

名前
コールさん

…(ペンジュラムで確認中)

う~ん、私は「本宮の方でもやることがある」と出るな~。

じゃあ、私が本宮で何かやって、メタさんが大斎原で何かやるんじゃないのかな?

名前
メタさん

なるほど!

…(ペンジュラムで確認中)確かに、それで良いと出ますね。

じゃあ、それで行きましょうか!

 

ということで、早速コールさんが、本宮の中で目を瞑り、何かをやり始めました。

そして20秒くらい経ったとき

名前
コールさん

…(ペンジュラムで確認中)

できたって出るけど、どう?

名前
メタさん

…(ペンジュラムで確認中)

お!OKと出ます。

名前
コールさん

よし!

じゃあ、次行こ!

 

コールさんが何をやったかはその時は聞きませんでしたが、とりあえず「OK」と出たので、大斎原に向かいました。

 

大斎原(おおゆのはら)

そこに向かう途中、「浄霊」という言葉がふと降りて来ました。

名前メタさん

浄霊?

…(ペンジュラムで確認)

上に上がりたい者がいるのか。。

確かに、ここは、川の氾濫があって、本宮が今の場所に遷宮されたんだよな。

コールさん、上に上がりたい者がいるっぽくて、その者たちを○○○○って感じがするんだけど、どうだろ?

 

名前
コールさん

…(ペンジュラムで確認中)

う~ん、それだけじゃないような感じもするんだけど、気になるなら○○○○みたら?

名前
メタさん

了解!

とりあえずやってみます。

ということで、中心に位置するところに、上に上がりたい者がちが○○ための○○○○○○を作り、「○○○○○○○○○○○○」ということで、上に上がってもらいました。

名前
メタさん

…(ペンジュラムで確認中)

OK!コールさん、これで完了かな?

確認お願いします。

名前

コールさん

…(ペンジュラムで確認中)

まだみたいだけど?

名前
メタさん

まだだったか。。

何をやり残してるんだろう?

リーディングしてみるか。

 

ということで、少しリーディングをしてみました。

すると、川の方に、大きな宮司さんが見えました。

 

デカイ宮司さんはいったい何をしているのか…

その辺りに生えている木よりも大きい感じがしたので、高さ的には20メートルくらいあると思います。

名前
メタさん

後ろ(川の方)に、すごいデカイ宮司さんみたいな人がイメージの中に見える…なんだろ。。

…(ペンジュラムで確認中)

御本人の思いも強い上に、人の祈りを吸収して、この大きさになった感じがするな。。大斎原を守っている。

う~ん「守っている」というよりも、執念、執着に近い感じで、意識体としてこの場に留まってしまっているんだ。。

天界に聞いてみようかな!

この人を○○○○た方が良い?→「YES」

よし、じゃあ、どうやるかな~。

この場所に対する執着がすごいから、かなり難しそうだな^^;

どうやれば良い?

 

その時、上から情報が降りてきたのか、熊野に行く前に感じた、昔から残っている神武天皇の意識体がふと浮かびました。

名前
メタさん

あ!なるほど!

神武天皇の意識体に○○○、「○○○○○○○○○○○○○○○○?」ってお願いしてみるのはどうだろう?→「YES」

これで行けそう!

 

ということで、大斎原にいる巨大な宮司さんに、神武天皇の意識体が○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○で、その場所への執着も無くなり、○○○○○行きました。

名前
メタさん

…(ペンジュラムで確認中)

お!できたっぽい!

コールさん、ちょっと確認してもらっても良いですか?

 

名前
コールさん

…(ペンジュラムで確認中)

う~ん、今のは終わったって出るけど、まだやり残したことあるって出るな~。

はい、待ってるから早くやって。

 

名前
メタさん

まだ何かあるのか~。。

う~ん、なんだろう^^;

サポーターの龍が手伝ってくれて完了!次の場所へ…

その時、ふとサポーターの白い龍がイメージの中に浮かんできました。

名前
メタさん

あ、なるほど。

…(ペンジュラムで確認中)

最後に浄化ね!

ということで、最後にサポーターの白い龍に浄化をお願いしました。

大斎原や、その周辺の川をぐるぐると回って浄化をしてくれました。

名前
メタさん

浄化OK→「YES」

よし!

コールさん、これで大丈夫かな?

 

名前
コールさん

…(ペンジュラムで確認中)

うん!大丈夫みたいだね。

ということで、熊野本宮大社と大斎原のミッションが完了し、次に熊野速玉大社の近くにある神倉神社に行くことにしました。

 

このお話の続き【熊野でのミッション第3話】は、下記の記事をご覧ください↓

【熊野でのミッション第3話】大本命の神倉神社/ヒマラヤ水晶が必要でなかった理由とは
この熊野三山でおこなうミッションの大本命は、熊野速玉大社の元宮、神倉神社です。 ここで、あることをおこなう必要がありました。 その、あることをおこなう過程で、色んなことがわかりました。 それはどんなことだったのでし...

コメント