心の中の闇が映し出す幻を見るか、光が映し出す幻を見るかで現実が大きく変わってくる

この記事は約2分で読めます。

観念というのは、

  • ものの見方
  • ものの捉え方

ということを以前にお伝えしました。

心の状態によって、見え方や捉え方が変わります。

 

もっというと、私達は、幻の中に生きているのかもしれません。

 

名古屋ウェルシークラスの時だったか、ルナさんがメリアさんに、天界から言葉を降ろした時、

「メリアさんは、たくさんの人に光の幻を見せていかなければいけない」

という言葉を降ろしたことがあります。

 

闇が見せる幻というのは、心の中の弱い部分があるからこそ見える幻です。

例えば、心の中が不安に侵されているのであれば、不安を解消する幻が見えたり、より不安を増長させたりする幻が見えたりします。

 

光の幻とはその逆。

心がどんな闇の揺さぶりにも動じない状態の時に見える幻です。

なので、闇の意識が目の前にあったとしても、その一点を重く受け止めたりはしません。

目の前にある闇でさえも、一つの情報として捉えている感覚です。

例えば、心の中が遊び心で満たされている時は、目の前にある越えられそうにない壁や、多少の怪我にもヘコむことなく、冒険の中にいるような感覚で「どんなことが起こるかな~、あんな遊びも楽しそう!こんな遊びも楽しそう!」と、行動を起した未来が楽しみで仕方ない幻が見えます。

 

メリアさんが見せる光の幻は、実は名古屋サロンのオープン記念イベントの時に、メリアさんのセッションを受けた時にメタさんも一度体験しました。

あり得ないことなのかもしれないけど、すごく希望に満ち溢れた光の幻でした。

今現在は、それを行動に移して、幻を実現化してみています。

 

あなたは、光の幻、闇の幻、どちらを実現化したいですか?

コメント