損得や利益を重視しがちな概念から抜け出せない時は、原点回帰

この記事は約2分で読めます。

先日のウェルシークラスでの出来事です。

物事を判断する時に、なぜだか利益の計算をしてしまったり、損得や勝ち負けにこだわってしまうことがあります。

お金がある社会の中で生きて行く際には、なかなかその概念から抜け出すことができず、概念をぶっ壊してもすぐに戻ってしまいます。

 

本来、

  • 利益を求める心
  • 損得感情
  • 勝ち負けへのこだわり

という概念は、外側から植え付けられたもので、私達の中には存在していませんでした。

なのでどうしても、その概念から抜け出せない場合は、まずは原点回帰をしてみることがおすすめです。

 

  • 利益を求める心
  • 損得感情
  • 勝ち負けへのこだわり

この概念が無かったころの自分の感覚を思い出す。

それは、遠い遠い昔の感覚です。

 

それを思い出すことができれば、「ライトワーカーになりたい」という欲さえ無くなるかもしれません。

ですが、心がそのくらいフラットな状態でないと、人を光の方向へ導くことなど不可能。

闇の概念に侵される前の遠い遠い昔の感覚を思い出すことで、その心を伝えて行くことができます。

心を伝えて行った結果、その意志や行動が「ライトワーカー」と呼ばれるのかもしれません。

 

ライトワーカーとは、あくまでも心や意志や行動の結果論であって、「ライトワーカーになりたい」という欲でなれるものではないのかもしれません。

コメント