同時存在する「できないことをできるようになりたい自由を選ぶ感覚」と「変化をしたくない自由を選ぶ感覚」

この記事は約2分で読めます。

ウェルシークラスの方は、もう認識している方も多いと思うのですが、

「今まで出来なかったことができるようになりたい」と思う向上心は、この世に生まれた誰しもが持つ感覚です。

ですが、その反面、「変わりたくない。変化なんかしたくないし、周りも変わって欲しくない。そのままであって欲しい」と思う感覚も持ち合わせています。

そのためか、言う事がコロコロと変わり、その時その時の心の状態で表層意識の持つ意志がチグハグしてしまう方も、少なくありません。

 

生きづらさを感じている人の中には、一本の信念を持てず、そういうかたちでコロコロと言うことが変わってしまう自分自身に嫌気がさしている方もおられます。

たしかに、そういう状態が続くと、「自分がいったい何をしたいのか?」が、わからなくなってしまいますよね。

一時期は「やろう!」と思っていたことも、頓挫してしまい、「あ~やっぱり自分には無理なんだ…。これは向いていなかったんだ…」と、まだやってもいないことの可能性を自分自身で潰してしまいます。

可能性を潰しているのは、他の誰でもなく、自分自身だということも気づかず。

 

いったいどの自分に勝つことができれば、自分の可能性を広げることができるのでしょうか?

その答えがわかったとしても、実際にその自分に勝つことができなければ、わかったことの意味を成しません。

 

言葉だけであれば、「理解している。わかりきっている。」など、なんとでも言えます。

だけど、結果が現れなければ(変化していなければ)、自分が頭で理解していることさえも、人は信じてくれません。

そこが、この現実世界の、人生の厳しいところですね。

コメント