甘えたい心と甘えられたい心

この記事は約1分で読めます。
  • 女性は男性に甘えたい生き物
  • 男性は女性に甘えられたい生き物

世間一般では、そういうふうに言われています。

ですが、ある意味こういった概念が、心の中の闇を発動させるのかな?と思うことが、目の前のお客さんを見て思います。

 

ですが、これは真逆の人もいると思います。

  • 女性に甘えたい男性
  • 男性の甘えられたい女性

これも、心の中の闇を発動させる傾向にあると思います。

 

甘えたい側も、甘えられたい側も、蜜の味には変わりないんですよね。

この感覚を味わうと、あま~い快感を得ます。

そして、それは中毒になります。

ずっとずっとその味を味わっていると、その味を味わえない事がまるで首を締められているかのようになり、被害をこうむっているかのように思えてきます。

 

恋も同じですよね。

恋している時は楽しいけど、その楽しい時間が無くなるとわかると、突然被害者意識が勃発し、その恋を邪魔するものを許せなくなってしまいます。

あま~い蜜の味。中毒になる味。

あなたの周辺に、それに似たようなものはありませんか?

コメント